12年ぶりの俯瞰ポイントにて

今日は関西で緊急事態宣言が解除されましたが、首都圏と北海道は継続となりました。来週28日に解除の可否を判断するそうです。最後に出勤したのが4月24日ですから、もう1か月近く会社に行っておらず、ずっとテレワークです。

今日から数日間は2013年5月18日の水上遠征です。この年のGW中には5月4日にも行ってましたが、新緑が芽吹いたばかりなので、2週間後にまた行ったことになります。

 


※115系普通列車731M/上越線上牧~水上間にて

 


※115系普通列車748M/上越線上牧~水上間にて

18日は「レトロみなかみ」撮影で上越線に行きました。GW連休中の4日はまだ新緑が開ききっていない状況でしたので、そろそろだろう…と思ったのです。

今回も「Maxとき・たにがわ311号」で上毛高原へ向かい、バスに乗り換え。諏訪神社前バス停で下車し、諏訪峡大橋を渡った後は俯瞰ポイントへ行くための山道を探しました。

前回俯瞰撮影したのは2001年5月4日で、もう12年になります。当時の記憶を頼りに山道を見つけ、10分程度登りました。

12年前に撮った時は山道から撮ったのですが、当時のポイントは木々が伸びてしまい撮れなくなってしましました。

山道の終点付近で開けた場所が残っており、先客が1人いましたが、場所確保できました。場所が狭く、少し危険なので最高で3人が限度でしょうか。

まずは115系普通列車で前哨戦として試し撮りをし、上りの高崎行き738Mを撮った後はレンズ交換してSLを待ちました。