待望の70mmオーバー羽化

今日は午後、LUMBERJACKへレンタルBOXの虫メンテに行ってきました。お店に着いた後、人工蛹室で先週羽化した♂を取り出しました。

 


腹はまだ赤っぽいですが、体はほぼ黒化していました。

気になる体長は…

71.6mm

でした!!

2017年に祖母にあたる♀親を採集して、孫の世代(F2)にして初めての70mmオーバー羽化です。自己採集したものからのブリードなので、感動もひとしおです。

祖母はもう亡くなりましたが、祖父は今でも福島の山奥で♀を待ちながらひっそりと生きているのでしょうか。

 


撮影後はコバエシャッタータイニーへ移しました。

 


人工蛹室を空けたのは…3年1化で蛹になりましたが、ご覧の通り羽化した時に翅を伸ばせるスペースがありません。このままでは羽化不全になる確率が高くなるため、羽化新成虫を取り出した後に移しました。

無事に羽化してくれるでしょうか。

 


アカアシクワガタの産卵セットや餌ゼリー交換等を終えた後、持ち帰ってクリアスライダーへ移しました。

羽化して日が浅いので、餌はまだ食べません。そのため、餌ゼリーは入れていません。

目標の72mmにはほんのちょっと届きませんでしたが、昨夏採集した桃子血統にも20gオーバーの幼虫がいますので、そちらにも期待しましょう。