13年前の撮影地にて…2013年東北新幹線撮影【前編】

朝のうちは晴れ間が出ていましたが、次第に雲が広がり、夜遅くには雨が降ってきました。次回観察できるのは早くて14日ですが、新旧フィールドでクワガタの発生時期にずれがあり、今年も月後半ぐらいからでしょう。

しばらくは傑作選で、2013年5月25日の福島県での東北新幹線撮影です。この年の3月にデビューしたE6系「スーパーこまち」をまだ撮ったことはなく、E3系とE5系の併結は2014年3月までとなることが確定的だからです。2014年春までに現在のE3系「こまち」を順次E6系に置き換えるためです。

わざわざ福島県まで撮りに行ったのは、2000年4月に撮りに行ったことがあるからです。当時の記憶を辿りつつ、東京駅7時12分発の「つばさ・やまびこ123号」で郡山へ発ち、在来線に乗り換えて日和田駅で下車しました。

当時撮影したのは、磐越道との交差部からで、前回撮影から13年経過しているため、地図を頼りに磐越道との交差部を目指しました。
当時はどう歩いたか忘れたため、結局は迂回してしまい40分かかりました。

 


※E3系+E5系「こまち・はやて25号」/東北新幹線郡山~福島間にて

三脚とカメラをセットし、スタンバイしました。しばらくしてE3系+E5系の「こまち・はやて25号」が通過しました。

後に連結している「はやて」はすでにE5系になっています。よく見るとE5系の方が背が低いですね。E5系もE2系も全高は同じ3650mmですが。

 


※E3系+E2系「やまびこ53号」/東北新幹線郡山~福島間にて

2本目はE3系+E2系の「やまびこ53号」です。E3系とE2系の併結は山形新幹線との併結列車が中心になりましたが、秋田用E3系とE2系の併結はまだ「やまびこ」で残っています。

あと少しで見られなくなると思うと寂しいですね。

 


※E6系+E5系「スーパーこまち・はやぶさ7号」/東北新幹線郡山~福島間にて

10時過ぎ、E6系+E5系「スーパーこまち・はやぶさ7号」が通過しました。しかし、300km/hは速い…(@_@;

これまで新幹線の撮影で撮れた最高時速は275km/hですから、タイミングと感覚が違います。300km/hの“弾丸”を受け止めたのは初めてでしょう。過去に500系「のぞみ」を1度だけ撮ったことがありますが、東海道新幹線内だったので最高時速は270km/hでした。

2014年春に「こまち」全列車がE6系に置き換えられると、最高時速は320km/hに引き上げられます。320km/hの“弾丸”を受け止める感覚を早めに身に着ける必要がありそうです。

しばらくして、車が来て、父親と5歳前後の小さな男の子が降りてきました。子供にせがまれて新幹線を見に来たそうです。

もう「スーパーこまち」は行ってしまったことを教え、代わりに撮った写真を見せてあげました。あと数分早く着けば見られたかもしれませんが、わずかなタッチの差でしたね…。

 


※E3系+E2系「つばさ・やまびこ129号」/東北新幹線郡山~福島間にて

次はE3系+E2系「つばさ・やまびこ129号」です。「こまち」と併結する「はやて」はE5系に置き換わりましたが、E2系とE3系のカップリングは「つばさ」併結で引き続き、今後も見られます。

 


※E3系+E2系「つばさ・やまびこ131号」/東北新幹線郡山~福島間にて

見せていただいた郡山駅の時刻表から次は「やまびこ」で、その間に「こまち・はやて」や「はやぶさ」が通過すると読んでいました。

ところが次に来たのは、また「つばさ・やまびこ」!?帰宅後に時刻表で調べたら、131号で大宮を出たら福島までノンストップだということがわかりました。

続く。。。