♂羽化ラッシュ

今日は午前中、LUMBERJACKへレンタルBOXの虫メンテに行ってきました。

 


先週、誤って掘り出してしまい、露天掘りとなった蛹が羽化していました。前翅は濃い赤になっていますが、まだ腹等に白いところが見受けられます。体がまだ固まっていないので、来週までそのままにしておくことにしました。

 


外から様子が見えず、羽化しているのかわからない個体もいるので、菌床を掘ったら…まだ幼虫しているのがいたので、階下の店舗で菌糸ブロックを買い、詰めて新しい菌糸瓶を作りました。

また、2年1化をやってしまった…のかと危惧しています。もし秋になっても幼虫のままだったら、11月以降に一旦持ち帰って屋外バルコニーで寒さを経験させるしかありません。3年1化になったものはそのようにして蛹化スイッチを入れることができました。

来週には菌糸が再生するので、交換して様子をみるしかありません。東北産と西日本産では飼育温度等の条件が異なる可能性があります。

 


桃子血統で1♂の羽化が確認されました。測定したら65mmちょうどでした。

 


十分固まっているとはいえ、まだ腹が赤いようですし、元の蛹室に戻しました。来週には正式に取り出し、ペアの組み合わせです。

母虫にあたる桃子はまだ生きており、産卵中なので、今季はどれくらいの幼虫が取れるでしょうか。仮に2年1化になっても、今季採卵物が鵜来年羽化すれば、ペアを組むことができます。

7月に向け、♂が羽化ラッシュを迎えた感じです。選考から漏れた何ペアかが旅立っていくのでしょうか。