今季初の大歯型ノコギリ

福島採集の定宿にしているロッジへ新型コロナウイルスの影響も含めて問合せしました。7月に行けるかまだ分かりませんが、望みが出てきたといえるでしょう。

17日以来、6日ぶりに夜間採集に行ってきました。

 


山道のポイントでノコギリクワガタの♀を見つけました。20日にブリードで余った同一産地の余剰個体を放虫しているので、同一個体ではないか、帰ってから測定するためにキープしました。

帰宅後に測定したら28.1mmで、20日に放したものではないと確信しました。

 


山道を下り、都県境を越えて最初のポイントではスズメバチがいたので、写真さえ撮らずに撤退しました。女王バチでしょうか、やっぱり夜のスズメバチは怖いです。

次のポイントではノコギリクワガタが交尾していたので、撮影後に採集しました。よく見ると…♂が♀の背中に乗り、○○○を出して結合した瞬間でしたから、一瞬しか子種をプレゼントできなかったことでしょう。彼女とのデートを邪魔して悪かったですね。

 


ルアーケースへ入れるまでの間、地面に置きました。意外と大人しくじっとしていたので、ルアーケースへ入れることができました。デートの続きは連れて帰った後でゆっくりやっててくださいな。♂は今季初の大歯型です。

 


カタツムリが歩いていたので、珍しいなyと思い、撮影しました。結構でかいです。近年は本土産のカタツムリにも寄生虫がついていることがあると分かったので、不用意に触らない方がいいです。ちなみにカタツムリは虫ではなく、貝の仲間です。

すでに21時半を回っていたので、この後は撤収し、帰宅しました。