秘境駅・男鹿高原駅にて

福島遠征2日目は秘境駅の男鹿高原駅を訪問しました。テレビで紹介されており、電車は1~2時間に1本程度なので、訪問してみたかったです。

実際に訪問してみると、周辺には何にもなく、緊急用のヘリポートがあるのみです。人家もないようなところになんで駅を作ったんだろう?と首をかしげるぐらいです。1日の乗降人員は1人いるかいないかで、ものずきな鉄ぐらいでしょうね。

 


※500系特急「リバティ会津132号」/野岩鉄道会津鬼怒川線会津高原尾瀬口~男鹿高原駅にて

まずは「リバティ会津132号」を撮影しました。基本的に野岩鉄道線内はほとんどが各駅に停車しますが、夜の1本を除いて通過します。

明日の帰りに乗るのがこの「リバティ会津」です。

 


1時間以上後には6050系の普通列車です。2017年4月の500系「リバティ」デビュー前は快速または区間快速として浅草まで運転されていましたが、今は南栗橋以北での運用となっています。

車番から東武車で5桁ナンバーで下3桁が100番は野岩鉄道所有車、200番が会津鉄道所有者です。100番台と200番台は書類上は東武鉄道からの譲受扱いとなっています。

車体更新または新造から30年以上が経過していますが、代替車の話がいつ聞こえてもおかしくはありません。車体更新車は6000系としての新造から足回りは50年以上が経過しています。

撮れるうちに撮っておいて、のちに貴重なワンカットとなるのは間違いないでしょう。