遠征中の珍客・カブトムシ

今日も雨で涼しい1日でした。31日は健康診断のため、出社が確実となりました。すでに会社は緊急事態宣言解除のち都道府県を跨いだ移動自粛解除後、出社が基本となりましたが、自分は未だテレワーク基本です。

通勤がなくなり、それまでの通勤時間が空いた分、調子が狂い気味です。今のところは8月末までですが、9月以降はまだわかりません。ワクチンも治療薬もまだないためです。

 


福島遠征でのライトトラップ採集時、珍客も飛んできました。

カブトムシの♀です!!

東北地方のしかも標高800Mの山奥でです!!一般にカブトムシは平地性であまり高い山にはいないのですが、飛んできたのは事実です。

大食いのため、大量の樹液が必要で、標高の高い山にはクヌギが自生しておらず、樹液はミズナラに頼らざるを得ません。また、今回採集地は冬に雪が多量に降り積もる豪雪地帯です。冬が長いゆえにカブトムシの生息環境としてはあまりよくなく、数は少ないのでしょう。

珍客ではありますが、近所のフィールドでいつでも採集できるのと、産卵数も多いため、灯火採集終了後は持ち帰らずにリリースしました。