第1回新潟産割り出し

テレワーク業務が終わった後、新潟産のうち五十鈴血統ものを割り出しました。新潟産では今回が初めての幼虫割り出しとなります。

 


結構いい感じに齧られています。しかし、その期待は見事に裏切られるとは思ってもいなかったことでしょう。

 


早速割り出すも、産卵木が堅くてなかなか出てきません…ようやく幼虫が出てきました。新潟産幼虫割り出し第一号です。

 


割り進むと、幼虫が少ないながらも出てきました。産卵木が堅すぎたようです。それでも少ないながら産んでくれました。

オオクワガタは堅めの産卵木に産むといっても、堅すぎてもダメですね。この堅さだと、ヒメオオクワガタ向けでしょうか。ヒメオオクワガタの場合、ナラ材かブナ材でないとダメですが。

 


結果的には6頭取れました。しばらくはプリンカップで育て、春瑚血統の割出結果次第で飼育方法を決めます。

仮に菌糸としても、羽化は来夏になります。どのような形の♂が羽化するでしょうか。