8月最初の夜間観察

今日は8月になって最初の夜間樹液観察でした。梅雨が長引き、1日にようやく明け、本格的な夏が来ました。

 


最初のポイントではカブトムシを1♂2♀見つけました。ペアが交尾中で、もう1♀は食事中でした。交尾中の傍でノコギリクワガタの♀を見つけたのでキープしました。近所では貴重なのでブリードします。

 


山道のポイントではカブトムシの♀を見つけました。8月になってようやく確認、旧フィールドよりは発生が遅いようです。

 


山道を下り、都県境を越えて都内に戻った最初のポイントでウスバカミキリを見つけました。学校周辺では50種類目のカミキリムシとなった種で、もう29年になります。その採集者が自分なんですけどね。

 


カブトムシの群れを発見し、8月になってやっと発生ピークが来た感じです。しかし、ピークは短く、旧盆までには過ぎ去ってしまい、月後半からは目立って減ります。鮮やかな赤♂を発見!!貴重なので撮影しました。

 


1匹寂しく樹液を吸っているカブトムシの♀を別の木で発見しました。何もこんなところで1人(?)ちびちびと樹液吸わなくても…と思うのは自分だけではないでしょうか?

 


傷つけられた木からは樹液が少し出ています。しかし、虫は来ておらず、故意に木を傷つければ器物損壊罪に問われる可能性もあります。

 


最後のポイントではカブトムシがいました。ノーマルの黒褐色です。コロナ禍によるイベント中止でプレゼント予定だった羽化個体を戻したもの以外ではようやく発生ピークが始まった感じです。

 


折れた木の方ではノコギリクワガタがいました。カブトムシの発生ピークが遅れ、共存した格好となったのでしょうか。今季最大の大物で、帰宅後に測定したら61.7mmでした。

 


今年は例年になくアカアシオオアオカミキリが多いです。昨秋の台風で1本折れたため、発生源を求めて集まったのでしょうか。

木が1本折れてから勢力もかわりつつあるのでしょうか。20年以上前、オオムラサキがよく見つかったエリアで木が折れてから変わった様になってしまうのでしょうか。撮影終了後は撤収して帰宅しました。