小型カブトムシ♂

今日はテレワーク就業間近に突然PCの電源が落ち、復旧作業のために少し残業となりました。いつ、PCトラブルが起こるかわからないので、突発的な残業発生することはよくあります。そのため、会社の上司や同僚はかなり前から承知済です。

だって、トラブル放置して終業できる筈じゃないですか。。。おかげで、PCハード面のトラブル対処には詳しくなってしまいました。テレワークだと、万が一PCにトラブル発生した時、対処も全て自分1人でやらないといけませんからね。

 


今夜も夜間観察に出撃、最初のポイントではカブトムシの♀が2頭仲良く樹液を吸っていました。蛾も別の場所で樹液を吸っていたので撮影しました。

 


未舗装の山道ポイントではカブトムシの小型♂を見つけました。昨日の♀に引き続き、♂も確認したことになります。

 


山道を少し歩くとカミキリムシが交尾していました。種類までは分かりませんでしたが。

撮影後に山道を歩いて戻り、舗装されている方を経由して麓に下りました。何本かの樹液が出ている木を見ましたが、虫は全然いませんでした。スジクワガタに関しては、月後半ぐらいになるでしょう。

 


都県境を越えて都内に戻り、最初のポイントへ向かおうとしたら、懐中電灯の光が遠くから見えたので、先行採集者がいると判断して次のポイントへ向かいました。

到着後、相変わらずのアカアシオオアオカミキリとカブトムシです。この時点では1♂2♀が樹液を吸っていました。

 


ミヤマカミキリもいました!アカアシオオアオカミキリを押しのけているようにも見えなくもないですが。

 


折れた方の上ではアカアシオオアオカミキリが交尾していました。それにしても、今年はアカアシオオアオカミキリが異常に多い気がします。

 


カブトムシの♂が立ち去った後、今度はノコギリクワガタが出てきました。まるで順番を待っていたのかのようにみえます。大型♂でもカブトムシには敵わないことを知ってか、無駄な争いを避けていたのかもしれません。

 


帰り道、カブトムシの♀が灯りに来ていたので撮影しました。近くに頭だけの死骸があったことから、カラスにでも食われたのでしょう。

灯りがLEDになっていないので、来ていたのですが、あと何年かすれば変わってしまうのでしょうか?灯火巡りは過去のものになりつつあるのかもしれません。

この後は家路につきました。