東京都産ノコギリクワガタ産卵セット

処暑を迎え、最初の週明けとなった今日はテレワーク業務終了後、東京都産ノコギリクワガタの産卵セットをしました。もちろん、近所産です。

 


まずは昨日から材を加水しておき、水切りせずに樹皮を剥きました。

 


マットは一昨日(8月22日)のLUMBERJACKレンタルBOXメンテ時に買ったのですが、結局は使わずにそのまま残りました。

 


ケース底から5cm程度堅詰めにし、材をセットしました。

 


材をセット後はマットでほぼ全て埋めました。少し頭が出るくらいでも構いません。

 


転倒防止材代わりに樹皮を敷きました。剥いた樹皮のリサイクルにもつながり、一石二鳥です。

 


餌ゼリーをセットして、それぞれのセットに親虫を放しました。左写真が近所産で採集時期から交尾済と判断して♀単独で入れました。

右写真は旧フィールド産で、シーズン初期に採集したので未交尾の可能性があり、ペアで入れました。1週間程度で♂を隔離予定です。

近年は盛夏時の猛暑から、カブトムシやノコギリクワガタといった土産み種は処暑前後に産卵セットすることが多くなりました。自然下ではもう残り寿命がわずかな状況です。いかに高蛋白ゼリーを与えて延命するかがカギですね。

秋が深まり、成虫が死んでから取り出しますが、成否は早くても11月頃になりそうです。