2020年9月新潟遠征・第1日目の新幹線

今日は出社日でした。明日以降は基本テレワークなので、次回の出社日は未定です。しかし、同僚の話によると、自分の会社PCが不安定なので、月に1度ぐらいはメンテも兼ねて出社もありかも知れません。ワクチンができて予防接種するまでの公算が強いですから。

去る9月10~12日に新潟遠征に行ってきましたので、成果を報告します。ただし、友人の希望で採集時の写真は公表できませんので、ご了承ください。

 


東京駅14時40分発の「とき325号」で東京を発ちました。

今回乗車した「とき325号」は残り少なくなったE2系です。現在は10両編成24本の240両が残るのみで、最盛期の半分以下です。上越新幹線のE4系Maxを置き換えた後はE2系も対象に入る予定でした。東北新幹線に残っているものも、次第にE5系へ置き換えられていきます。

 


1時間20分ほどで越後湯沢に到着、新幹線は速いです。現在残っているのは全て大窓車です。小窓の0番台は北陸用も含め、全廃しています。新幹線車両の寿命は15年程度、最終製造葉2010年で東北新幹線全通時ですから、10年が経過しています。あと数年といったところでしょうか。

 


奥の方にはE4系「Maxたにがわ412号」が待機しており、しばらくして発車しました。最終日は水上に一旦寄ってSL撮影後に帰る予定で、上毛高原駅から乗る列車です。

改札を出て、しばらくは駅ナカを偵察してからホテルへ向かい、チェックインしました。