今秋2度目のカシオペア信州

今日は「カシオペア信州」の運転日なので、日暮里で撮影しました。他に撮影地がないか、まずは鶯谷から日暮里へ戻る形でロケハンするため、少し早目に家を出ました。結局はよい場所が見つからず、前回と同じ歩道橋でした。

 


15時45分頃、尾久から推進回送されてきました。11月近くになると、15時台には影が落ちています。夏の時より太陽の位置が低くなっているのです。

 


16時22分ごろ、EF64牽引の「カシオペア信州」がやってきました。今回は早目に行ったので、前回とは東北線寄りのポジョンを確保できたのが功をなしました。今回は37号機で一般型です。…もとい、一般型では唯一の稼働機です。

15時10分ごろ、撮影地に着いた時は撮影者は少なかったのですが、時間とともに増えてきました。明朝の長野県では篠ノ井線沿線を中心に撮影者が殺到していることでしょう。

来週も晴れの予報なので、埼玉県の蓮田で撮影予定です。「秋の日はつるべ落とし」で日没直後となるため、どんな絵が撮れるのでしょうか。