コクワガタ幼虫材投入

今日は午後、LUMBERJACKへレンタルBOXの虫メンテに行ってきました。例年だと11月中旬から冬眠体制に入るので、マットとゼリーを買ってきました。完全な冬眠体制は概ね11月後半以降です。

 


昨日の午前中に買っておいた材を仕込んでおき、幼虫投入の準備をしました。まずはドリルで材に穴をあけておき、底面にはビニールで蓋をしました。

 


コクワガタ幼虫のうち、福島産で3齢に育っているものを優先しました。産卵セット後、放置しすぎたですからね…。幼虫を穴へ投入しました。

 


食痕で穴を塞ぎ、ビニールで蓋をしました。

これで羽化までもっていけるはずです。材飼育はマットや菌糸と違って半年から1年ぐらいもちます。しかし、栄養分が乏しいので大型成虫を羽化させるのは至難の業です。成長に時間もかかりますし。

3齢になったのでこれ以上の大型化は難しいですが、残る2頭も順次材へ投入します。材飼育は外から幼虫の成長や生死が分からないので、来年の初夏、割り出しのタイミングを見極めなくてはいけません。

来夏、どのくらいのサイズで羽化するでしょうか?