日没前後の変化

飛び石連休が明け、雲一つない好天に恵まれました。新しい領域にて試作第二号にチャレンジしましたが、うまくいかず失敗。また時を改めて再チャレンジです。「失敗は成功の元」といいますが、最初から上手く行くはずはありません。何度もチャレンジして上達するのです。

中学、高校で美術の成績はよかった(5段階評価で3or4)のですが、高校卒業から27年が経過していますので…。

 


「秋の日はつるべ落とし」の諺どおり、特に10月は1日あたり1.3分のペースで日没が早くなっていきます。東京で10月1日の時点で日没時間が17時25分だったのが11月1日には16時45分と40分早くなっています。

撮影地に着いた時点では日が傾きかけており、逆光状態でした。反対側だったら半逆行で側面の反射波撮れたかもしれません。

宇都宮線区間では、E231系とE233系の普通列車が主役で、ひっきりなしに来るので練習などには持ってこいです。

 


日没直前と直後です。日没が近づくと露出が落ちてきます。同時に露出を維持するにはISO感度を上げなくてはなりません。薄明の頃はまだほんのり明るさが残っていますが、そう長くはもちません。

日没から時間が経つと、空が群青色になってきているのが分かります。薄明時間がどれくらい持つのか?夕暮れの雰囲気を狙おうと思っても、運転日と天気などのタイミングもあって難しいのです。長野行きだったら、ここは通りませんし、武蔵野線や中央線しかないでしょう。

次回、同様の雰囲気で撮れるのは年が明けた1月下旬以降です。ただし、旅行商品での販売なので、いつ、どこへのツアーに組み込まれているのか、旅行会社のHPもチェックする必要がありそうです。