カワラタケ材到着

有給消化のため、来週の月曜日はお休みをいただきました。テレワーク終了後、多摩センターの郵便局へ局留めの荷物を引き取りに行きました。

 


帰り道、サンリオピューロランド前にぐでたまのオブジェがあり、撮影しました。他にも撮影者がいたことから、相変わらずの人気です。モチーフは卵なんですよね。。。

 


トランクルームに到着後、開封しました。ヤフオクの商品写真では7本でしたが、実際は8本でした。このうち4本を持ち帰り、加水しました。

少し湿っていますが、天然のため雑虫が混入している可能性があります。これらの雑虫を溺死させるため、水を入れた容器に入れてました。

半日以上加水し、半日陰干し。これは2003年にカブトムシやクワガタムシの飼育再開してから17年も変わっていません。第一陣の幼虫セットは明日の夕方です。

材飼育だと2年はかかりますが、千里の道も一歩からです。そこそこの堅さがあるので、よい結果が得られるのでしょうか。過去ぶカワラタケ材で飼育した時は材が柔らかすぎて小型個体しか羽化できなかったのですから。