同居越冬

今日は週一の出社日でした。今週も退勤時は京王ライナーに乗車しました。京王初の有料座席指定列車で、全席指定席なので指定席券を買っておけば確実に着席できます。

 


11月後半ですが、小春日和が続き、今日にいたっては強い南風が吹いていました。明日は燃えるゴミ収集日です。越冬準備も兼ねて餌ゼリー交換、コクワガタ材飼育の際に余った材を活用するため、前日から再加水しました。

 


いざ容器にセットすると大きすぎたので半分に再度カットしました。クヌギマットで半分ぐらい埋め、オオクワガタのペアをセットしました。2頭とも福島産で5月に羽化した新成虫です。

一緒に越冬させたペアは生涯を通じて仲良く繁殖させることができるという情報をFacebookにて得たので、実践してみることにしました。

♂は71.6mmでF2、♀は7月の福島遠征時に宿で貰ったWF1です。F2の71.6mm♂は東北産らしいスリム体型なので、次期ブリードに使用することとし、異血統交配でCBF1を得られることになるとは思ってもいませんでした。

ブリードできるのは来春からなので、無事に越冬できるでしょうか。