十和田湖周辺の昆虫

明日は週一の出社日です。今日は冷たい雨が一時降り、寒い1日でした。

 

チェックイン後はパソコンを取り出し、セットして無線LANによるインターネット接続等の確認をしました。メール受信等をした後、16時30分ごろには宿を出て周辺で昆虫を探すことにしました。

 


※バッタ類

ところが、現実は甘くなく、カミキリムシはさっぱり見つかりませんでした。

バッタを見かけましたが、どうもイナゴっぽい感じがします。あるいはイナゴモドキでしょうか??イナゴはイナゴの佃煮を食べたこともあり、貴重なタンパク源でもあったのです。

 


※コチャバネセセリ

バッタ類を見た他は蝶を多く見かけました。まずはコチャバネセセリで、地元フィールドでも見かける蝶です。

 


※ウラギンヒョウモン

更に足を進めると、ヒョウモンチョウ類を多く見かけました。撮影しようにも、人の気配に敏感なのか、撮影する前に飛び立ってしまい、なかなか撮れません。

なんとか意地と根性で撮りました。種類が多いので、種名が分かりませんでしたが、先ほど調べたところ、ウラギンヒョウモンと分かりました。

この蝶は地元フィールドにはいないので、青森まで来て会うことができてちょっと嬉しかったです。

これ以上探してもカミキリムシが見つかる目処が立たないので、切り上げて宿に戻りました。