SL C61誕生記念号

12月も1/3を過ぎました。前半はまだ暖かい日もあり、土日は日中の最高気温が15度まで上がりますが、週明けから本格的に寒くなりそうです。

2013年7月の青森遠征後、1か月後にはまた東北遠征となりますが、その間の8月4日には上越線へSL撮影に行ってきました。

 


※E4系「Maxとき・たにがわ311号」

C61 20は、1949年8月8日に三菱重工業で改造落成し、今年で64年(※注;2013年当時。2020年現在は改造落成後71年)になります。

夏場の「SLみなかみ」←(「SL奥利根号」「EL&SL奥利根号」)は何度か撮影しましたが、C61+12系の組み合わせで夏場はまだ撮影したことがありませんでした(ただし、旧客との組み合わせは夏場でも撮影経験はあり)。

折角の機会ですので、撮影に行くことにしました。7月28日に新しいズームレンズを買ったので、初陣となりました。今回もいつもどおり、東京駅8時52分発の「Maxとき・たにがわ311号」で出発しました。

 


※Maxフラット席

指定席は今回もフラット席で、Maxに乗る時の定席となった感があります。しかし、E4系Maxは2016年度(※注;2011年報道当時)までに全廃される予定なので、いつまで乗車できるのでしょうか?

定刻どおり、8時52分に東京駅を発車しました。

 


※SL快速「SL C61誕生記念号」/上越線上牧~水上間にて

上毛高原駅に到着後、バスに乗り換えて高日向バス停で降りました。ここから歩いて10分程度で撮影地に着きました。この場所で撮影するのは、2011年7月以来です。

三脚とカメラをセットしてスタンバイしました。天気予報では晴れると言ってたのですが、この時は曇っていました。

やがてSLが来る時間になると天気が回復し、晴れ間が差してきました。

お昼を少し過ぎたころ、C61牽引の「SL C61誕生記念号」が通過しました。今回は黒煙もくもくです。撮影後は歩いて水上駅へ向かいました。