早朝の寝台特急「あけぼの」

今日はクリスマスです。欧米諸国等では今日から来年の1月1日まで1週間程度のクリスマス休暇になっている国が多いそうです。仕事始めは1月2日からで、日本とは正反対です。日本は年末から年始にかけて1週間程度休み、仕事始めは1月4日か5日です。

会社は29日が仕事納めで30日から1月4日まで、来年の仕事始めは1月5日からで、今のところ変わりありません。政府が新型コロナウイルス感染対策で1月11日まで延長要請しても、多くの企業がすぐに対応できる筈はありません。「今のところは…」と表現したのはそのためです。

 


※寝台特急「あけぼの」/羽越本線羽後亀田~岩城みなと間にて

最終日の朝は5時前に起きて秋田駅から始発電車に乗って岩城みなとへ向かいました。

6時05分到着、対して寝台特急「あけぼの」通過は6時20分ごろです。時間的にぎりぎりです。撮影地の跨線橋には数分程度で着きました。

ゆっくり構図を考える暇などありません。2月中旬にここで特急「いなほ」を撮影しているので、一発でレンズ及び構図を決めました。

8月中旬なので太陽は夏至の頃より低くなっています。夏至頃でしたら、もう少し太陽が高く日が当たっている範囲は広かったかも知れません。

6時20分頃、寝台特急「あけぼの」が通過してきました。羽越本線で日本海バックに「あけぼの」を撮りたいのは長年の悲願で、現在の羽越本線経由に経路変更してから16年後、ようやく悲願が叶いました。

撮影後は後続の電車で秋田へ戻り、朝シャワーを浴びてから朝食にしました。