ハナムグリ幼虫飼育開始

今日で年末年始休暇は終わり、明日から仕事始めです。

午後、LUMBERJACKへ行き、レンタルBOXの虫メンテ後、500㏄飼育瓶を持ち帰りました。

 


オオクワガタ幼虫の食べ残した菌糸カスとノコギリクワガタの産卵床マットを少し、カブトムシ幼虫の餌マットを混ぜて餌を作り、幼虫を放しました。

 


しばらくすると、仰向けになって歩きだし、潜っていきました。この習性から、ハナムグリの幼虫であることが確定しました。ただし、種類までは分かりません。

生育環境ですが、コガネムシの幼虫は植物の根を食べるのに対し、カナブンやハナムグリの幼虫は腐植土を食べます。後輩が見つけたのは腐植土の中だったようです。

腐植土を食べる=カブトムシの幼虫とほぼ同じ食性なので、カブトムシの幼虫と同じ要領で育てられると睨んでいました。

羽化は数か月先となりますが、成虫になったら先生達に種類を報告できることになるでしょう。幼虫からでは残念ながら種類は判別できませんし( ̄▽ ̄;)