峠の釜めし&廃線跡散策

今日で松の内は終わりです。新宿の京王百貨店で今年も恒例の駅弁・うまいもの大会が始まりましたが、コロナ禍のため会場分散のうえ、イートインスペースはないとのことです。

テレワークで週1の出社が基本のため、期間中で昼飯に帰るとしたら14日だけです。

 


※峠の釜めし

駅前食堂では、いつもどおり峠の釜めしを注文しました。最近は値上がりした模様で、以前は900円だったのが現在は1000円になっています。

今回は味噌汁付で注文しました。味噌汁の値段がプラスされるため、1150円です。値上がりしても、変わらない味でした。

 


※横川駅前

横川駅前です。おぎのやの駅前食堂は駅とは至近距離にあります。まだ松の内なので、門松が飾ってあります。

碓氷線廃止前からあまり変わっていない光景で、まるで時間が止ったままの様でした。

 


※廃線跡

昼食後は腹ごなしを兼ねて廃線跡を歩きました。今回はとうげの湯まで2.6kmです。

旧丸山変電所跡は廃止前に何度か撮影に訪れており、ここまで勾配は25‰と比較的緩い方です。丸山変電所跡を過ぎるとだんだんと勾配がきつくなり、軽井沢まで66.7‰の勾配は8kmも連続するのです。このため、EF63の補助がないと碓氷峠を上り下りできなかったのが分かります。

旧上り線はレールを残したまま舗装されて遊歩道になり、旧下り線はトロッコの線路として活用されています。

とうげの湯近くになると、遊歩道は左へ曲がり、旧下り線をアンダーパスします。枯れススキが廃止から15年以上の歳月を物語っている様でした。

とうげの湯に着いた後、しばらく周辺を散策してすぐに横川駅方面へ戻りました。

 


旧丸山変電所

帰り道の途中で撮影した旧丸山変電所跡です。廃止前に訪れた時は窓ガラス類が割れたりして荒廃していましたが、現在は外観のみが綺麗に修復されています。ただし、内部は修復されておらず、非公開です。

横川駅に戻った後、再び三脚を置いた場所へ向かいました。