最終日の「SLおいでよ銚子号」

来週25~27日に出社要請があり、3日連続での出社になりました。facebookにて3月26日に「カシオペアクルーズ」が運転されるとの情報がありましたが、現在はコロナのため「催行未確定」です。電気機関車の重連運転と上越国境の残雪は撮りたいが、年度末なので難しいかも知れません。

 


※209系普通列車/成田線小見川~笹川間にて

昼食後は先ほどの踏切に戻り、三脚にカメラをセットしてSLを待ちました。先行の209系ローカルで構図確認を兼ねて試し撮りをしました。

 


※SL快速「SLおいでよ銚子号」/成田線小見川~笹川間にて

14時15分ごろ、「SLおいでよ銚子号」が黒煙を吐いて通過しました。

ほとんど平坦で勾配区間がないイメージの成田線ですが、よく探せば数‰程度の緩勾配ながら力行ポイントがあるものですね。

今度は笹川駅発車です。椎柴駅と違い、今度は40分以上の余裕があります。カメラを片付けて駅へ移動しました。

 


※SL快速「SLおいでよ銚子号」/成田線笹川~下総橘間にて

約15分程度で到着、踏切付近では人がいっぱいでしたが、それでも場所確保できました。

SL発車を待っている間、一時は晴れましたが、しばらくすると曇ってきました。

 


※SL快速「SLおいでよ銚子号」/成田線笹川~下総橘間にて

発車時刻が迫り、SLは煙を噴き上げて発車準備です。ところが…!まずいことにSLの前面が煙にまとわりつかれています。

15時丁度、定刻どおりに笹川駅を発車。心配は杞憂に終わりました。進むにつれて前面にまとわりついた煙は晴れ、C61の顔を拝むことができました。

撮影後は後続の列車で銚子駅へ向かいました。