トロッコ試運転&EF63体験運転

今日も出社日でした。3日連続の出社日は明日が最終日です。ようやく苦難続きだったものがほぼ完成し、facebookのグループに投稿しました。初めての領域なので、苦難続きでした。ですが、「失敗は成功のもと」という諺があるとおり、経験の積み重ねが大切なのです。

 


※トロッコ試運転

早い昼食の後、丸山へ行く前に体験運転用のEF63のライト類が点灯しているのを目撃しました。パンダ昇降もしており、これはいよいよ動くな…と確信しました。

体験運転のEF63を狙うべく、撮影できるポイントを探したところ、遊歩道が始まる地点でトロッコが山上から下りてくるのを目撃し、後追いで撮影しました。

誰も乗っておらず、冬季運休期間中だったので、試運転と確信しました。トロッコが走り去った後、EF63が来るのを待ちました。

 


※EF63体験運転

数分後、EF63が前照灯を照らしながら来ました。現役時代、双頭連結器やジャンパ連結器側を先頭に向けて走った姿を見たことも撮影したことはないので、かえって新鮮でした。

各種の電車や気動車と連結して峠を上り下りするのですから、これだけ物々しいジャンパ連結器群は補助機関車ならではの特徴といえるでしょう。

 


※EF63体験運転

しばらくして折り返して行ったので、後追いも撮影しました。

碓氷峠鉄道文化むらでは、EF63の体験運転が行われており、一定の学科講習及び実技講習を受けて卒業試験に合格した人が運転できます。

誰が運転しているのかは分かりませんが、運転している人は、本物の機関車を運転できる喜びを味わっているのではないでしょうか?

撮影後は丸山へ向けて歩きました。