難しい判断

明日は週イチの出社日です。来週以降、休暇取得する予定ですが、現状ではいつにするのか、判断が難しい状況です。

 


※371系特急「あさぎり2号」(当時)/御殿場線御殿場~足柄館にて・2012年1月4日撮影

来る3月13日のダイヤ改正で特急「踊り子」がE257系に統一されるためです。中央線特急へのE353系投入と房総特急削減による余剰車の転用によるものです。国鉄時代から運用されてきた185系は車齢が40年近く経過し、老朽化が進んでいるために引退します。

休暇を取得し、静岡県の伊豆箱根鉄道へ富士山バックに撮影する予定ですが、天気予報から判断しなければなりません。

土日の場合は撮影者が多く、今のご時世ですから密は避けたいのです。

写真は9年前の2012年1月4日に撮影したものです。この年、371系と小田急20000形が特急「あさぎり」から引退するため、撮影者が多かったです。ただ、この撮影地はキャパが大きかったのが幸いでした。

もう1つ、判断を難しくしているのは、時間帯です。これまで急行「東海」やブルートレインを富士山バックに撮影した当時、時間帯は全て午前中でした。

伊豆箱根鉄道線の場合、正午以降から順光となり、撮影できるのは平日だと8号(後追い)、13・16号の3本に限られます。土休日は9・12号が加わります。

午後まで富士山が見えてくれるかどうか、伊豆半島からの気流で雲が流れて隠されてしまうことがあり、25年前の1996年がまさにそうでした。いつ休暇を取って撮影に行くかの判断は来週頭になりそうです。3月だと余裕はなくなりそうですし。