モンスズメバチ

ヤフオクにて落札したバンダイのガシャポン・モンスズメバチが届いたので、テレワーク業務が終わった後に組み立てました。

 


まずは攻撃モードでポージングしてみました。毒針を出しているところが、これから刺しに向かってくるような臨場感です。いやいや、刺されたらまずいでしょ…!もっとも、オオスズメバチの方がもっと危ないですが。

 


続いて飛行モードです。毒針を引っ込め、前脚を左右逆に付け替えることで、脚を後ろにたたむことが可能です。実際のハチが飛んでいる時はこんなポーズです。アシナガバチだったら、長い後ろ脚が目立ちますね。アシナガバチは名前の通り、脚が長いですし。

 


背中側から撮影。黒帯が波打っているのが分かりますね。

夏の夜、クワガタムシ採集でよく出会うスズメバチが本種です。日没後、夜で活動できますし、闇夜の中、懐中電灯で照らした先で睨まれたら怖いです。なんどか遭遇し、悲鳴を上げながら逃げたことか…。スズメバチを見て大声で騒いだら余計危ないです(;^_^A アセアセ・・・

ヨーロッパでは普通に見られ、国によっては保護対象となっているところもある他、ドイツでは本種を殺すと5万ユーロ(!)の罰金だそうです。

残るはヒメスズメバチです。今回のシリーズ製品化されたものにヤドリスズメバチもいますが、実際見たことも採集経験もありません。メーカーにはコガタスズメバチを製品化してほしかったので、次のシリーズ化に期待したいところです。