春の足音を求めて

今日は週1の出社日でした。週末以降は天気が短い周期で変わっているため、休暇取得日を決めづらい状況が続いています。3月ダイヤ改正まであまり日がないので…。

やっと再生品がほとんどできました。何を再生したのか…?今はfacebookのグループ内だけなのであまり公にできませんし、ジャンルからして男性が参入していても少数派ですからね。でも、わからな いことがあれば、メンバーの皆さんが親切にアドバイスしてくれています。その道の職人は男性が多いようですが、まだ参入したばかりなので素人レベルですが。

沼にはまらないよう、今回の再生品はヤフオク出品も考えています。

 


今年は暦の関係で立春は3日でした。立春を過ぎると暦の上では春になりました、月前半はまだ冬の最中です。7日の午後、春の足音を求めて里山観察に行きました。

まずはいつもと山道に入るルートを変えました。新しく見つけた樹液ポイント候補を見るためです。ナラ枯れで何本かの木が伐採候補になっているので、それを見るためでした。

樹液の痕跡のある木を見つけ、伐採候補になていないか、確認しました。幸い、候補になっておらず、初夏からが楽しみといったところです。

 


伐採候補の木には予告の用紙が掲げられていました。ナラ枯れ抑制のためだそうです。

 


都県境を越え、梅の花が咲きだしているか確認しました。まだ数輪の花が咲きだしたばかりです。満開になるのは中旬以降でしょう。麓に下りて蝋梅の木も探しましたが、見つかりませんでした。

 

再び都県境を越えて戻ってきました。初夏から晩秋だと葉が生い茂っているので、ここまで見渡すことはできません。

 


帰り際に撮影した山道です。今のフィールドへメインを移して3年目のシーズンを迎えようとしています。旧フィールド周辺の再編が現実化している今、新たなフィールド拡大につながるでしょうか。