新潟産♀蛹化

明日は週1の出社日です。今日は晴れていましたが、昨日よりは気温が低下、真冬並みの寒さとなりました。

1月末にLUMBERJACKのレンタルBOX虫メンテで、新潟産オオクワガタ幼虫が1頭、前蛹になっていました。こうなると、幼虫はもう動かないので、菌床交換の対象外となっていました。

 


翌週には蛹になっていましたが、カメラを持っていなかったので、写真は撮れませんでした、その翌週も持参しておらず、20日にやっと写真を撮ることができました。

新潟産での蛹化第一号です。性別は♀で、冬季に寒さ経験させなくても、ほとんど1年1化で羽化することは分かっていました。

菌床がほとんどなくなっていたので、早期に蛹化スイッチが入ったのでしょう。羽化予想サイズは35mm前後になりそうです。

この日は新潟産のうち、半数の3頭を持ち帰りました。バルコニーで寒さ経験させたものと、レンタルBOXで寒さ経験させなかったものの違いを見比べるためです。

新潟県は雪質が水分多目のベタ雪で、東北・北海道に比べたら暖かいイメージがあります。しかし、採集地が山間部で、当然ながら平野部よりは気温が低くなります。福島産で冬の寒さ経験させなかったために、菌床飼育でも2年1化または3年1化が出てしまったので、新潟産は7未知数です。

結果は初夏にわかるでしょう。結果次第では今季採卵個体の飼育方法確立につながりそうです。