MSE就役5周年記念号(2013/5/19)

今日は週1の出社日でした。また、ミシンの日でもあるそうです。Amazonでハンディミシンというのも最近見つけたのですが、あくまでも出先での補修用で本格的な縫製には向かないそうです。初心者向けにコンパクトのもありますが、海外製でまともに動かないのもあるので注意が必要でしょう。

アメブロ廃止まで2か月に迫ったので、過去の記事移動を再開します。まずは2013年5月のMSE就役5周年記念号で2週にわたって運転されました。

 

小田急トラベルの企画でMSE就役5周年を記念して団体ツアー列車が運転されました。公式サイトによると18・19・25・26日の4日間で、地下鉄千代田線の綾瀬駅からスタートし、御殿場→唐木田→片瀬江ノ島→新宿の日帰りコースだそうです。

特に多摩線は平日の19時台以降に乗り入れるのみなので、白昼堂々と多摩線を走るロマンスカーを撮れる滅多にないチャンスです。

しかし、綾瀬駅を8時40分に出て新宿へ18時35分に戻る以外、途中の時間が分かりません。2012年2月のHiSE引退ツアー時の経験から、多摩線は14時頃だろうと読んでいました。

昼食後、まずはチャリで黒川へ向かいました。

 


※2000形区間準急唐木田行き/多摩線栗平~黒川間にて

まずは横位置で撮影してみました。2000形の区間準急です。撮影後に確認してみると、いまいちですねぇ…。やはり縦位置でないと締まりません。

 


橋の真下に猫がいたので撮影しました。保線関係者以外は線路内立ち入り禁止でも、猫はおかまいなしなのでしょうね。

 


縦位置にして、通勤電車群を撮影しては結果を確認しました。左から3000形各停、東京メトロ16000系多摩急行、1000形各停です。

しかし、ロマンスカーの時間が分からず、予想の14時を回ってきました。本当にそろそろ来るでしょうか…?

 


※60000形「MSE5周年記念団体」/多摩線栗平~黒川間にて

栗平駅方からようやく青い車体が見え始めた時、確信しました。黒川駅と栗平駅は駅間距離が1.3kmですが、黒川駅の新宿方オーバークロスからは栗平駅が辛うじて見えるのです。

14時04分ごろ、60000形の団体ツアー列車はゆっくりとしたスピードで通過していきました。

撮影後は、はるひ野駅付近までチャリを走らせました。

 


※1000形各停新百合ヶ丘行/多摩線小田急永山~はるひ野間にて

はるひ野駅に到着後は、2012年2月の20000形引退記念ツアー列車を撮影した時とほぼ同じ場所で待ちました。
まずは1000形の線内各停です。6両編成ですが、ワイドドア車でした。

 


※60000形「MSE就役5周年記念号」/多摩線小田急永山~はるひ野間にて

14時30分近くになって60000形が来ました。太陽に雲がかかったため、曇空となってしまいました。6両編成なので、貫通先頭車が先頭に出ています。

先行の各停を後追いしているため、ゆっくりとしたスピードで片瀬江ノ島を目指して通過していきました。

撮影後は、小金井にあるLUMBERJACKへ向けてチャリを走らせました。