新潟産オオクワガタ羽化第一号

今日は作業量を考量して午後、LUMBERJACKレンタルBOX虫メンテに行ってきました。

新潟産オオクワガタの♀が1頭、3月末に羽化しているのが確認されたため、体が固まるのを待って取り出すことにしました。

 


菌床はほとんど土化していました。瓶底の蛹室へ向けて掘ると…いました!!新潟産羽化♀と初対面です。

 


♀を取り出しました。取り出したばかりの♀は仰向けになって暴れていました。起こして写真を撮ろうとしたら…ちょこちょこ動き回って落ち着いてくれません。

やっと観念したのが、脚を引っ込めているうちに撮影に成功しました。菌床は1回分しかないのに、それにしても大きい…ノギスで測ったら42.7mmでした。菌床交換を忘れたずぼらなのに、ここまで大きくなるとは思っていませんでした。

 


ケースに湿らせたティッシュを敷き詰め、♀を放しました。成熟するまでゆっくりして貰います。…ていうか、成熟する頃には秋なので、交尾産卵できるのは来春ですね。

まだ菌床飼育は5頭残っています。材飼育の方は2年かかるので、羽化は来年になるのはほぼ確実ですね。来年羽化しても交尾産卵に使えるのは再来年(2023年)になります。

作業終了後は持ち帰りました。新潟産は初めてで未知数なところもありますが、これは…!という形を選べるのは数か月後になるでしょうか。