干支ステッカー付ロマンスカー

昨日(4月8日)の出社時記事にロマンスカーの話が出たので、2013年1月2日の記事をアメブロより移動します。

今から8年前ですが、小田急の公式HPにてVSEとMSEそれぞれ1編成に今年の干支ステッカーを貼って運行するという情報があり、新百合ヶ丘へ撮影に行きました。

行こうと思い立った時間と小田急時刻表によると、VSEは「はこね10号」「はこね14号」で箱根湯本から折り返して来ることがわかり、最悪2本狙うことを覚悟の上でした。

区間準急に乗り、百合ヶ丘で下車しました。撮影地へ向かって歩く途中でLSEが通過し、見る鉄に…_| ̄|o

撮影地に着き、三脚とカメラをセットして何本かの通勤電車を撮影しながらロマンスカーを待つことにしました。

最初のロマンスカーはVSEの「はこね10号」でした。

 


※50000形 特急「はこね10号」/小田原線新百合ヶ丘~百合ヶ丘間にて

しかし、運悪く干支ステッカー無の編成でした。これで1時間待ちが確定しました。VSEは2編成なので、確率にして1/2ですが、2編成が運用している時は1時間続行なので、それだけ待てば撮れます。

 


※60000形 特急「はこね12号」/小田原線新百合ヶ丘~百合ヶ丘間にて

VSEのおよそ30分後には60000形MSEの「はこね12号」です。ブルーリボン受賞のシール付ですが、干支のステッカーはありませんでした。MSEで干支のステッカーを貼っているのは、6両編成の方で、1/4の確率です。6両編成の方も振り返ってみたところ、干支のステッカーはありませんでした。

この「はこね12号」は新宿到着後、「あさぎり・えのしま11号」になって御殿場と江ノ島へ向かいます。

 


※50000形 特急「はこね14号」/小田原線新百合ヶ丘~百合ヶ丘間にて

10号から待つこと1時間、「はこね14号」が通過しました。やっと干支ステッカー付の編成にありつけました。しかし、もう正面には日が当たらなくなっています。

この後は撤収、帰宅しました。