福島産オオクワガタ幼虫餌交換

4月も2/3を過ぎ、GWも間近に迫ってきています。しかしながら、今年もコロナ禍が継続しているため、行楽どころじゃないのかもしれません。ワクチン接種もまだですし。100年以上前のスペイン風邪も世界的流行は2~3年続いたそうです。

 


一昨日(4月18日)のLUMBERJACKレンタルBOX虫メンテでは、近所産コクワガタ幼虫の餌補充の他、福島産オオクワガタ幼虫の餌交換を実施しました。

すでに菌床はほとんど食われ、土化しています。これはまずいと思ったのですが、新しい菌糸瓶の準備が遅れてしまいました。

幼虫を取り出し、新しい菌糸瓶へ引っ越しました。体重は10g前後なので、♀と判定しました。体色はクリーム色っぽくなっています。交換時期としてはすでに遅きに失したのでしょうか。

捨て瓶になるのを承知の上ですが、劣化した環境で蛹になるよりはましでしょう。もうあまり食べないかも知れませんが、無事に蛹化⇒羽化までいってほしいものです。