福島産オオクワガタ幼虫餌交換

今日は午前中、LUMBERJACKへレンタルBOX虫メンテに行ってきました。

福島産オオクワガタ幼虫の菌糸が劣化しているので、交換することを決めました。

 


階下の店舗で新しい菌糸瓶を買う前に幼虫を掘り出して体重測定しました。雌雄判別し、それぞれの大きさに合った菌糸瓶へ投入するためです。

まずは1頭取り出し、16gで♂確定しました。

 


2頭目は11gで♀確定です。4頭中1頭は菌糸に巻かれたのか死亡して跡形もなく消えました。もう1頭は菌床を掘った際に誤って傷つけてしまいました(泣)。

 


新しい菌糸ボトルへ投入しました。クリーム色になっているので、これ以上の伸びは難しいでしょう。

♂の羽化予想サイズは60mm台前半になりそうです。交換時期が遅かったきもしますが、一時的に冬の寒さを経験させて引き延ばせただけでもよしとしましょう。

今後は冬を挟む場合、交換時期の平準化も課題です。

餌ゼリーも同時に買ったので、成虫の餌交換を終えた後は帰宅しました。