福島産オオクワガタ

明日は週1の出社日です。今週は29日が木曜日ですが、祝日なので1日繰り上がっています。

 


昨日の餌ゼリー交換時、福島県産の方は…?と気になって材をどけてみました。

まずは♂65.5mmと♀44.4mmのペアです。2018年に採集したるい血統のWF1です。ほとんどの羽化新成虫はヤフオクで売ってしまいましたが、形のいいものを残したのです。東北地方産は北上するほど体形がスリムになる傾向があり、スリム体型ながら美形を追い求めるためにあえてスリムなものを選んだのです。

2頭とも元気でした。材の一部が齧られているので、今期も産卵数が期待できそうです。幼虫が取れたら、あえて一部は材飼育にしますか?

羽化時期を平準化するためと、自然本来の体形を維持するなら材飼育をおいて他にはありません。

 


もう1ペアは昨年羽化したもので、♂71.6mmと♀43.5mmです。♀は昨夏の福島遠征時に宿でWF1個体を貰ったものです。

♂は美しく羽化したのでのと初めての70mmオーバーなので売るには惜しくCBF1を取るためにと残しました。

こちらも元気で材の一角が齧られているので期待できそうです。幼虫が取れたらこちらも一部を材飼育にするのもありです。

次世代で更なる大型化、最低でも72~73mmオーバーを狙いたいものです。

ペアリングそしてブリードシーズンはもうすぐです。