雌雄隔離

今日は一時雨が降る予報なので、午前中にLUMBERJACKへ行きました。まずは暑さに弱いヒメオオクワガタとアカアシクワガタを避暑させました。

 


5月も後半に差し掛かったので、雌雄をこれ以上同居させる必要がなくなったと判断し、♂を別容器へ隔離することにしました。

まずは福島産F2の71.6mm♂です。現状では唯一の70mmオーバー♂で、万が一♀に食われたら大変なことになります。

 


隔離した♂を洞付餌台入りのケースに入れました。オオクワガタは洞占有型なので、自然に近い形での飼育ができます。

最初は木の周りを一周していましたが、穴を見つけると入ってくれました。気に入って住み着いてくれると嬉しいのですが。

この♂、まだ名前がついていませんでしたね…。新潟産の場合は戦国武将の上杉謙信からいただくことができましたが、福島産となると、会津を治めていた戦国武将となります。

上杉謙信の甥にあたる景勝は豊臣秀吉の命で新潟から会津へ移ったものの、わずか2年後の関ヶ原の合戦以後は山形県の米沢へ移りました。新潟または山形産なら景勝の名前を使えないこともなかったですが。

景勝以外で会津を治めた武将を調べてつけるしかなさそうですね…。もう1頭の♂にもいえることですが。