オオクワガタ関係

今日は有給を取得し、お休みでした。特にこれといったのはなかったですが、たまにはのんびりするのもよいかと。

蒸し暑かったのですが、風も強いのでシーズン開始はまだおあずけです。明日は燃えるゴミ収集日なので餌交換をしました。

 


福島県産で65.5mmのWF1♂を隔離しました。この♂は2018年に母親となる”るい”を採集、ブリードして翌年に羽化した者です。るい血統で羽化して3年目となります。

越冬時から同居させていたので、5月後半なので隔離してもよい頃合いと判断しました。この家、昨年も入っていたのですが、覚えているのでしょうか…?

 


肝心の残った♀は…というと、越冬時に使用した材をそのまま産卵材として使用することにしました。樹皮が剥がされていたり、齧られた箇所もあるので、そのまま使用した方がいいとの判断になりました。

 


新潟産は♂が小さいのでしばらく様子をみることとし、次回交換時までそのままにしました。

小型♂とはいえ、立派なWDですし、貴重な虎の子を失いたくはありません。そろそろ♂隔離するべきでしょうね。空き容器が少ないので洗浄後に回すことになります。