近所産コクワガタ目覚め

明日は出社日そして皆既月食です。20時09~28分の間、地球の影にすっぽりはまり、月が赤銅色になります。

一昨日の日曜部(5月23日)、一部のクワガタ餌ゼリー交換時に近所産コクワガタのマットを減らしました。

 


まずは現フィールド産です。2019年5月、正式にメインフィールドを移して2年になります。移したとはいえ、これまでの旧フィールドは観察を継続しているので、拡張が正しいのかもしれません。

別ケースに薄くマットを敷き、餌台および転倒防止の樹皮を敷き、成虫を移しただけです。

産卵木がセットできるまでもうしばらく同居してもらうことにしましょうか。

 


そして近所産です。昨年10月に採集したもので、結構遅いです。そのため、一度越冬させることにしました。過去に材割採集で幼虫を得て育てましたが、ブリードは初となります。

♂のサイズは30mm台後半で、お世辞にも大きいとはいえません。産卵させ、次世代で大型を狙うしかありません。福島産で50mmオーバーが出たとはいえ、まだ1頭だけです。

大型を狙うにはやはり菌床飼育しかありません。…が、形をとるなら材飼育です。幼虫が取れたら菌床と座飼育に分けてみますか?