30000形「はこね」

5月最後の花金が終わりました。明日の土曜日はゆっくりできそうです。

昨日の出社時は新宿駅にてEXEの「はこね」が停車していました。EXEαへのリニューアルが進むと、今後はブロンズ色が消えてゆくのです。

 


30000形は今から25年前の1996年春にデビューしました。通勤車と同じ20m車体で10両編成はロマンスカーで最大の輸送力を誇っていました。

老朽化した3100形NSEの代替車として、10両編成7本が1999年までに作られ、ロマンスカーでは最大勢力です。

6両編成と4両編成に分割でき、分割併合運転にも対応できましたが、現在はレアとなっていまい、箱根特急運用時に小田原駅での増解結が中心になっています。箱根登山線は有効長が20m級7両編成までしかないためです。

4両編成単独での本線走行を見る機会は激減しましたが、「さがみ」「えのしま」の分割併合を頻繁にやっていた頃に江ノ島線内で何度か撮影していたので、あの時撮っておいてよかった…と思う頃です。