今季3度目の夜間樹液採集

今日も20時半から夜間樹液採集に出撃しました。最初の樹液ポイントでは生憎虫はいませんでした。

 


都県境を越えた新ポイントでは昨日に引き続きコクワガタがいて、今季初の♀をGETしました。

 


蛾やその他小虫が樹液を吸っていた他、隙間にもコクワガタ♂がいました。

この後は移動し、再び都県境を越えて旧フィールドへ向かいました。

 


旧フィールドのクヌギポイントでは昨日と違い、クワガタはおらず、コメツキムシやケシキスイといった雑虫がいたのみで、ゲジゲジも同時にいました。ゲジゲジはゴキブリを食べるので、この虫がいる時はゴキブリがいないことになります。

 


帰り際にコクワガタの大型♂が隠れているのを見つけ、撮影しました。時間の関係でご神木には行きませんでした。樹勢が弱っていることもあり、区画整理の近くなので虫が減っているのは確かです。

今回の旧フィールド観察エリアは来季以降も継続するエリアで、2014年以降新しく樹液を出し続けている木もあり、樹勢が若いので期待はできます。2019年に下草刈りされていましたが、わずか2年でアズマネザサが盛り返しています。人の手があまり加わっていないと、また元の様に戻ってしまうものですね。

撮影後は撤収し、帰路につきました。