今季初の夜間樹液採集

今日は週一の出社日でした。明日はほぼ終日雨なので夜間樹液採集はありません。

時系列が逆となりますが、今季の夜間樹液採集シーズンは5月29日にスタートしました。ただし、この日は出撃が21時と遅く、シーズンスタートも2年連続で遅めでした。

 


最初の樹液ポイントではケシキスイが来たのみでクワガタはいませんでした。下草刈りされたばかりなので行きやすくはなっていますが、今後も継続観察が必要です。

 


一旦都県境を跨ぎ、東京都側に戻って旧フィールドに着きました。こちらではもうコクワガタが活動していました。現フィールドは林内の山道沿い、旧フィールドは林縁部に樹液ポイントがあります。林内と林縁部では平均気温が違うのかもしれません。

このことがスジクワガタが生息できているか否かを決めている可能性があります。コクワガタが都心部の公園でもしぶとく生息できているのに対し、スジクワガタは暑さに弱くノコギリクワガタより緑が多く残っているところでないと生息できないのです。

メインフィールドが変わって3年目のシーズンが幕開けしましたが、今年はどんな虫相を見せてくれるのでしょうか。