栗橋のデッドセクション

今日は週1の出社日でした。「梅雨明け10日」の名の通り、昼食時に外に出た時は暑かったです(;^_^A アセアセ・・・

 


10時31分、新宿駅を定刻通りに発車しました。11時過ぎ、大宮駅に到着しました。3月改正で特急「踊り子」の定期運用を終えた185系が留置されていました。長野への廃車回送待ちでしょうか。廃車解体は長野でやっているとのことです。

臨時列車で使用されていますが、同時に廃車も進んでいます。2022年度までには全車廃車にするそうです。

車齢は40年以上経過していますし、一般に鉄道車両の寿命は30年程度と言われていますが、よく長持ちしたものです。それだけ国鉄車両が頑丈に作られていた証です。

 


大宮駅を出ると、次の停車駅は栃木駅です。栃木駅はJRと東武鉄道が乗り入れていますが、発着は東武ホームです。

栗橋駅では連絡線を介して東武鉄道に乗り入れです。会社が変わるため乗務員交代で停車しますが、客扱いは行わず、運転停車です。

運転停車のち、いよいよ東武鉄道乗り入れです。デッドセクションがあるため、室内灯が一瞬消えました。架線に電気が流れていないためです。

東武日光線に乗り入れ、再び快走していきました。