様々な表情の初日の出

今日は仕事始めです。今年はテレワークで始まり…が!!年明け早々にPCのPWを忘れてしまうというハプニングがありました。かといって、情報セキュリティの観点からメモは危険です。

銀行のキャッシュカードやクレジットカードの暗証番号と同じく、他人に知られてはいけないものなのです。そこが難しいところでしょう。我ながら忘却は凄まじいものです。

 


4日前の元日に撮影した初日の出は3箇所で撮影しています。まずは最初の場所で撮った日の出の瞬間です。1日の挨拶記事で使用しました。

 


日が昇っていくにつれて日差しが強くなってきています。木々の間から太陽が姿を現しているのが分かります。しかしながら、カメラ越しに太陽を直視するため、視力障害の危険と隣り合わせです。ファインダー越しよりはリスクは少ないとはいえ、モニター越しでも危険性は変わらないでしょう。あまり長時間直視することは避けたいです。

 


朝日が当たって雑木林がほんのりオレンジ色に染まってきています。

 


場所を変えて撮影した初日の出です。右写真は展望台から撮影したもので、何人かの地元住民が集まっていました。江ノ島や高尾山よりは少ないとはいえ、寝坊して高尾山へ行けなかったので近所に初日の出スポットがあるのは灯台下暗しでした。

変異株による感染拡大の影響で小田急が2年連続で終夜運転を行わず、臨時ロマンスカーが1本しかないため江ノ島行きを断念しましたが、来年以降も高尾山や江ノ島で見られるとは限らないため、第3のスポットとしてよさそうです。2013年に1度だけ千葉県の犬吠埼に行ったことはありますが…。