そば屋の天むす

今日も終日雨、第2営業日の出社日なので会社での昼食に駅弁を買いました。

 

そば屋の天むす そば屋の天むす
買ってきたのは「そば屋の天むす」です。山梨県・小淵沢駅の駅弁です。新宿駅南口改札内に駅弁屋があり、全国の駅弁をいくつか扱っています。値段は750円です。

調整元は丸政という会社で、「元気甲斐」という弁当が有名です。

天むす5個にたくあんが入っているシンプルな弁当です。見ただけでは天むすに見えないですが…。食べてみると答えはありました!

おにぎりの中にエビの天ぷらが入っていました。もちろん、美味しくいただきました。これをなんちゃって駅弁で再現しようとすれば…エビ天を揚げる必要があります。

通常の大量に油を使う揚げ方では弁当には向きません。揚げた後に油を切っても油が染み出てしまうのです。そのため、“焼き揚げ”といって、少量の油で焼くように揚げる必要があります。これだと、素材が被るくらいの量の油で済みますし、2度揚げの手間がかかりますが、カラッと美味しく揚がります。

これをマスターしないと、なんちゃって駅弁で再現するのは難しいですが、次はどの駅弁にしようか?なんちゃって駅弁を作るのはもちろんですが、本物を買って食べるのも楽しみですね。