菌床産卵

明日は猛暑が復活するのと、ヤフオクに出品、落札された商品を送る用事があったので、午後にLUMBERJACKレンタルBOX虫メンテに行ってきました。

 

産卵セット 産卵セット
青森県産WF1の産卵セットが少しやばいことになっていたので、菌床産卵に切り替えました。材がばらばらになりかかっており、もし孵化していたら幼虫もただでは済まなさそうです。

オオクワガタは野外採集が難しい反面、飼育は簡単です。産みたい♀は一度スイッチが入ると、材をバラバラにしてしまうこともあるようです。

セットして1カ月ちょっとですが、これはさすがにやばい…と判断し、余っている菌糸瓶を材代わりにした菌床産卵セットに移しました。

材産卵セットの割出は20日頃を予定しています。秋田遠征の時期が微妙ですが、暑さが少し和らぐ頃を見計らった方がいいと判断しました。

あまり産ませすぎると♀が疲れ果てて死亡するケースがあるので、今月下旬から9月初旬までが限度でしょう。♀を取り出すタイミングを見誤らないようにするしかありません。