成虫取り出し、隔離

週明けは残暑でのスタートとなりました。秋田遠征は向こう2週間は秋雨前線が居座っているため、下旬後半以降が濃厚になりそうです。ブロッキング現象が原因の様で、同じ様な天気が長期間続くため異常気象になりやすいです。

まだ8月なのに秋雨前線…?と思われがちですが、立秋以降は梅雨前線が消えない場合、そのまま秋雨前線に変わるのです。今年は8月7日が立秋なので、これ以降は梅雨から秋雨になる訳です。

 

オオクワガタ♂ オオクワガタ♀
越冬時からずっとセットし放しだったオオクワガタの成虫を取り出し、個別の容器へ餌ゼリーと一緒に移しました。容器不足が原因で、同居越冬時から9カ月近く経っていました。

材に齧られた跡があり、産卵している可能性は高いです。明日と明後日は出社日なので、割り出しは11日以降となるでしょう。今年のお盆休みは12日が満月なのと、前半は東北地方で大雨なので行かないことにしていましたが、賢明な判断でしょう。

青森は3シーズンかけて灯火採集場所を見つけましたが、今回の秋田は一発で場所を見つけなくてはなりません。

越冬時のセットは産卵に適しない様な堅さでしたが、数か月経っており、マットの水分と接することで少し柔らかくなっている可能性が高いです。果たして産卵していてくれているでしょうか…?