オオクワガタ冬眠明け

3月最終日もすっきりしない天気でした。明日からは新年度、多くの企業でも年度変わりで組織変更や人事異動も行われます。

例年だと概ね4月6日頃から多くの学校で新学期が始まりますが、新型コロナウイルスの感染拡大で再開の見直しの可能性があるので、どうなるのでしょうか。

 


昨日(3月30日)の餌交換でオオクワガタを1ペア、冬眠から起こしました。雌雄とも、無事に冬を越せてよかったです。特に♂は多くのペアをヤフオクに出したため、福島産では唯一です。

野外採集したものを除けば、♀が大量に余っていますが、そんなに多くの♀と交尾させられません。♂が力尽きて死んでしまうので、そうなったら本末転倒です。オオクワガタは数年生きるので、一夫一妻で十分です

会社で女性ばかりの職場で働いていて言えることじゃないですけどね(^^ゞ

 


新しい飼育ケースへ移しました。冬眠時よりマットを半分以下に減らし、ゼリーと転倒防止材を入れました。

仕切りを入れているのは、越冬明けですぐに同居させると、♀は蛋白源として♂を食べてしまうことがあるためです。オオクワガタの♀は意外と怖い一面を持っているのですよ・・・(xox;

この2頭のペットネームは考案中ですが、♂は「あいづ」、♀は2代目「るい」を候補としています。「あいづ」って、安直すぎないですかね…。元々、親の採集地が福島県奥会津ですし。

昔は上野~会津若松間を特急「あいづ」が走っていましたしね。

今は高蛋白ゼリーで栄養をつけて体力回復に努め、交尾産卵はGW頃からになりそうです。

蛹化開始

朝から上司の依頼で力仕事があり、久しぶりに汗かきました。転職前はしょっちゅうでしたし、福島県で真冬のSL撮影後、重装備で5kmも猛吹雪の中(!)を歩いたのですから、体力が違うと驚かれました。現在は女性30人弱に男性1人ですから、男手がいると違うのでしょうか。

一眼レフで写真を撮り始めてもう25年です。元相手は写真歴の中に黒歴史を作ってしまいましたからね…。近年は撮り鉄の機会が少なく、あと数年で50代になることを考えると体力の衰えは隠せませんね。

 


15日にLUMBERJACKへレンタルBOXの虫メンテに行った時、すでに♀1頭が蛹になっていました。♀は成長が早く、1年1化が大半です。♂に比べると要求積算温度が低いということでしょう。

 


蛹室を作り始めた幼虫も見受けられました。F2もしくは昨夏採集の“桃子”血統でしょう。今季も概ねGW前に♀から先に羽化しそうです。

これは冬の間もレンタルBOXで過ごしたためでしょう。♂の場合は寒さ経験させないとセミ化する可能性があり、実際3年1化になった個体も居ます。

蛹室を作り始めたものは♀の様なので、雌雄判別した時に間違ってなければいいのですが。

♀でも卵巣マークが見にくいことがあり、頭の大きさや腹の内側で判別するしかないので、まだまだですね(^^ゞ

譲渡準備

明日は建国記念の日で祝日なので、今日は飛び石連休の谷間です。今年は天皇誕生日が23日に移動したので、令和では2月に祝日が2日あることになります。

 


数日前から話を進めてきましたが、オオクワガタの里子が決まりました。来週16日に譲渡となりますので、ケース等の準備をしました。

譲渡が決まったのは福島産Wf1の♂60.0mmと♀38.5mmのペアです。一昨年(2018年)に羽化し、昨年に一度ブリードに使用しました。あと1シーズンはまだ産卵できる(羽化後3年以上経過した♀は産卵が厳しくなる)筈です。

今季の種親は決まっていることと、新潟や青森産のブリードが始まることを考えれば、成虫の在庫は必要最小限にまで減らしたいです。

もちろん、遠征でWDは採集しますし、美形個体も作りたいです。少なくともブリード用の成虫は産地ごとにブリード個体は最低1~2ペア、WDは不確定ですが、1♀ぐらいは採集できれば上等です。なぜなら、野外採集した♀はほとんどが交尾済なので、無理に♂と同居させる必要はなく、♀だけ入れても産卵してくれます。

まだ♀が7頭残るので、こちらはヤフオクに出してしまいましょうか。

旅立ち

週明けは曇天下でのスタートとなりました。夜から明朝にかけて雪が降る予報ですが、昼からは雨に変わるそうですし、どうなるのでしょうか。

ヤフオクに出品していたオオクワガタのペアが落札されたので、今朝発送しました。

 


出勤時の発送となるため、準備は昨日のうちに済ませておきました。マットに水苔、お弁当のゼリーです。この後に成虫を入れました。

 


段ボール箱へ入れると同時に緩衝材として新聞紙を入れて隙間を埋めました。

嫁ぎ先は茨城県です。昨年末に出品し、落札されたものの、落札者から連絡が一切なく、社会問題化している“無断キャンセル”されたと判断し、落札者を削除した後に再出品しました。

最近では栃木県の温泉で正月に複数件同時予約したものの、無断キャンセルで100万円以上の損害がでたとニュースにもなりました。このような債務不履行および威力業務妨害罪に当たる場合もあるそうです。

ヤフオクでも、落札者には取引を進める義務があると定めており、こちらから何度か連絡しても、2週間以上も音沙汰無しはモラル上の問題があるといえます。

今度の落札者は良識があり、嫁ぎ先でもかわいがって貰えることでしょう。

新しい飼い主の元で子孫繁栄してくれることを願ってやみません。

新春2回目の菌床交換

今日は南岸低気圧の通過で雪が降りましたが、積もることなく雨に変わり、やがて止みました。

午後、LUMBERJACKへレンタルBOXの虫メンテに行きました。

 


新春2回目の菌床交換です。菌床を掘って幼虫を取り出した後には体重測定・性別判断しました。

 


最初に取り出したのは体重が7gで♀と判断し、800㏄へ移しました。

 


2頭目は体重測定の結果、13gで卵巣マークがないことと大きさから♂と判断しました。

 


♂と判断したので、1400㏄の菌糸瓶へ引っ越しです。まだ体色が白いので体重の伸びが期待できそうです。ただし、あまり太らせすぎると羽化不全のリスクが高まるのはいうまでもありません。

 


3頭目は6gで♀と判定しました。

 


800㏄の菌糸瓶へ引っ越しました。卵巣マークがありますし、これまでの経験から♀はレンタルBOXのように温度管理された環境下での場合、1回の菌床交換で羽化しました。GWから初夏にかけての羽化が濃厚でしょう。

 


外から食痕が見えないものはあまり大きく育っておらず、2gでした。性別も分からないので、800㏄の菌糸瓶へ引っ越しました。

 


5頭目は結構大きく育っていました。卵巣マークがないので、♂と断定しました。

 


体重測定結果は14gです。1400㏄菌糸瓶へ引っ越しました。

 


5頭全て新しい菌糸瓶へ引っ越し完了しました。2♂2♀、1頭は性別不明です。

コクワガタの分も交換したかったのですが、17時近くを回ったうえに帰りの時間を考慮すると来週になりました。

春からは新潟、青森産のブリードも始まるので、♀の数から幼虫が大量に取れることが想定されるので、ヤフオクや委託販売等で減らすことも選択肢にいれないといけませんね…。

落札されたが…

9連休が終わり、今日は2020年の仕事始めです。会社の職場では相変わらず女性30人弱に男性1名ですが、異動者がきました。しかも異動前の職場で一緒だった人です。こんな偶然はあるのでしょうか?

 


昨年の12月28日に商品が落札されましたが、すでにかんたん決済の期限を過ぎているうえに、こちらから2回連絡しましたが、未だに落札者からの連絡がありません。

取引する意思がないのに、いたずら入札でもしたのでししょうか?落札者の取引評価詳細を確認したところ、「悪い」の評価が1つありました。落札者都合で削除されており、システム上「非常に悪い」の評価がつきます。

残念ながら、ヤフオクに取引の意思がないのにも関わらず、いたずら目的で入札する輩がいるのでしょうか?

いい加減、しびれを切らしてきているので、明日か明後日にでも「落札者都合」で削除し、再出品しますか。落札者都合で削除され、「非常に悪い」評価がついても、連絡しなかった方に非があるので、自業自得ともいえるでしょう。

新春初の菌床交換

アメブロからの記事移行は2017年5月分まで終了しました。2022年3月末までのアメブロ廃止に向け、一歩進んだことになります。

今日は午前中、LUMBERJACKへいってきました。お店の2020年初売りは一昨日の3日ですが、菌糸再生期間が足りないので、今日にしました。福袋で欲しい虫は特になかったですし。

 


菌床が劣化もしくは投入から3か月以上経ったものを優先して瓶交換しました。最初に取り出したものは白い部分が9割近く無くなっていました。結構でかいです!!

 


体重測定したら18g、♂確定です。この後、1400㏄菌糸瓶へ移しました。

 


2頭目は19g、♂確定です。

 


菌床投入してから3か月経過してもまだ小さいものがいましたので、800㏄瓶へ引っ越しました。春にはどれくらい成長しているのでしょうか。

 


続いて16g、♂確定ですので、1400㏄瓶へ移しました。今回用意した1400㏄瓶は3本なので、この個体をもって全て使い切りました。

 


やっと♀幼虫にありつけました。6gで、お尻に卵巣マークが見えたので♀確定です。

 

コクワガタ幼虫も1頭、菌床投入から3か月経過したので交換しました。体重測定結果は5g…でした。♂で50mmオーバー目指すなら最初から800㏄出なくてもよかったかもしれませんね。

 


新しい瓶へ引っ越しました。♂なら50mmオーバーで羽化してくれるでしょうか?

 


コクワガタを除き、5頭分投入し終えました。しかし、まだ800㏄が1本余っています。♀幼虫候補を探さなければなりません。

 


幼虫があまり表面上に出ていないために分かりづらく、食痕から推測して菌床を掘り、体重測定したら9gで、♀と判定しました。

 


これでオオクワガタ6頭分の交換が終わりました。菌糸ブロックを買って新しい瓶に詰めたいところですが、あいにく時間がなく、来週となりました。

ラベルも新しいのを作らないといけませんし…。次回交換時、♂幼虫は最終的にどれくらい伸びるでしょうか?一旦持ち帰って屋外バルコニーで一定期間、寒さを経験させる必要もありそうです。でないと、

季節の変化を感じ取れず、幼虫期間が伸びすぎて蝉化してしまう可能性があります。

新春初のゼリー交換

明日は燃えるゴミの臨時収集日なので、新春初のゼリーを交換しました。

 


まずは新潟県産オオクワガタです。乾燥対策として水苔、ゼリーは保湿用です。通常、冬眠中なら餌ゼリーはあまり減らないのですが、偏西風蛇行による暖冬で暖かい日には餌ゼリーを食べていたようです。

マットを掘り出し、確認してみると生きていました!!他2頭の♀も同様に生存確認しました。

 


続いて♂も同様に生存確認しました。現状では唯一のWD♂です。春になったら同産地の♀と交尾させる予定ですので、それまで生きていて貰わなければなりません。

 


自己採集の福島産♀(写真)およびインセクトフェアーで情報料の名目として買った青森産♀も同様に生存確認しました。

GWからは新潟産3♀、福島産2♀、青森産1♀の合計6♀で採卵することになります。予想幼虫数が少なくとも100頭以上と見積もられそうなので、大半は委託販売もしくはヤフオクで売ることになるでしょうね。

オオクワガタ幼虫菌床交換

9連休初日は午後、LUMBERJACKへ行って来ました。先週、瓶に詰めた菌床は菌糸が再生していました。

 


まずは菌床を掘り、幼虫を取り出しました。体重を測ったら…なんと!18gで、♂確定です。WF1でこれだけ育てば上等です。

 


1400㏄瓶に移しました。体色はまだ白いのでもう少し伸びる余地がありそうです。大切なのは3齢初期になってからで、中期以降は伸びがなくなっていきます。タイミングが羽化サイズを左右するといっても過言はないでしょう。

 


2頭目は6gでした。頭の大きさから♀の様なので、800㏄瓶へ移しました。

 


3頭目は10gです。頭の大きさと卵巣マークから♀確定です。

 


♀なので800㏄です。45mm以上望めれば上等でしょう。これまでの平均羽化サイズは42~45mmぐらいです。

 


4頭目は17gだったので♂確定、1400㏄瓶へ移しました。この日2頭目の♂幼虫です。

 


5頭目は3か月経ってもまだ小さく、2gでした。性別不明なので、800㏄へ移しました。どっちみち菌床が劣化してくるので、3か月を目安に新しいものへ交換した方が無難です。

 


6頭目は19gで♂確定です。それにしてもでかいですね。体色がまだ白いのでもう少し伸びが期待できそうです。

 


1400㏄瓶へ引っ越しました。この日確定した♂幼虫は3頭目です。1頭がWF1、残り2頭がF2です。羽化予想サイズ72~73mmは期待できそうですが、東北産ですので、一定期間の寒さ経験が必要です。そうしないと菌床飼育でも幼虫期間が2~3年1化に伸びてしまう可能性があります。

現に寒さ経験をさせなかったため、3年1化(!)になった♂幼虫が2頭います。

 


この日最後の1頭は2gで性別不明のため、800㏄瓶へ引っ越ししました。菌床が劣化しているので、このまま劣化させるよりもましでしょう。劣化菌糸はノコギリクワガタやヒラタクワガタに向きますが、オオクワガタの場合は新鮮な菌糸でないとダメそうです。

 


7頭全て新しい菌糸瓶に移し終えました。年明け後、♂幼虫を持ち帰って屋外バルコニーで寒さ経験させます。概ね1か月~1か月半ぐらい寒さ経験させておけばいいでしょう。

ただし、この場合は次回交換がGW頃にずれ込む可能性がありますので、劣化具合を見て判断することになります。

菌糸詰め

今日は午後、LUMBERJACKへ行ってきました。新たに作ったラベルを持参し、コクワガタ中心に貼替えました。

菌糸瓶の一部が劣化してきたので、階下の店舗にて菌糸ブロックを購入しました。

 


菌糸ブロックは月夜野きのこ園のBasicで、2個買いました。キノコの菌種はヒラタケです。

本当はカワラタケでも試してみたかったですが。自然下ではオオクワガタ幼虫はカワラタケが生えた枯れ木を食べていますし。譲って貰った新潟産もいますし、来春以降のお楽しみにしておきましょう。

 


菌糸ブロックを崩して空き瓶に詰めました。羽化不全防止のため、できるだけ堅詰めはかわりません。

しかし、瓶交換が幼虫のストレスになっていることは否めず、来シーズン以降は連結できるタイプでもチャレンジしてみますか?最終目標である82mmオーバー美形を目指すなら、一歩進めた新たなテクが必要になりそうです。