新潟産♀蛹化

明日は週1の出社日です。今日は晴れていましたが、昨日よりは気温が低下、真冬並みの寒さとなりました。

1月末にLUMBERJACKのレンタルBOX虫メンテで、新潟産オオクワガタ幼虫が1頭、前蛹になっていました。こうなると、幼虫はもう動かないので、菌床交換の対象外となっていました。

 


翌週には蛹になっていましたが、カメラを持っていなかったので、写真は撮れませんでした、その翌週も持参しておらず、20日にやっと写真を撮ることができました。

新潟産での蛹化第一号です。性別は♀で、冬季に寒さ経験させなくても、ほとんど1年1化で羽化することは分かっていました。

菌床がほとんどなくなっていたので、早期に蛹化スイッチが入ったのでしょう。羽化予想サイズは35mm前後になりそうです。

この日は新潟産のうち、半数の3頭を持ち帰りました。バルコニーで寒さ経験させたものと、レンタルBOXで寒さ経験させなかったものの違いを見比べるためです。

新潟県は雪質が水分多目のベタ雪で、東北・北海道に比べたら暖かいイメージがあります。しかし、採集地が山間部で、当然ながら平野部よりは気温が低くなります。福島産で冬の寒さ経験させなかったために、菌床飼育でも2年1化または3年1化が出てしまったので、新潟産は7未知数です。

結果は初夏にわかるでしょう。結果次第では今季採卵個体の飼育方法確立につながりそうです。

過去のオオクワガタ羽化

週明けは雨でのスタートでした。日中がピークで、季節外れの土砂降りでしたが、夕方には晴れてきました。明日もテレワークと思いきゃ、急な出社要請があり会社です。

旧ブログ(アメブロ)からどれを移すかまだ決めていませんが、過去のアメブロ記事から貴重なワンカットがあったので紹介します。

 


2013年4月のものですが、羽化している最中のオオクワガタです。後ろ翅が伸び切り、頭を起こす直前のものです。

クワガタの場合、蛹になっている時は頭がきつく下を向いています。特にノコギリクワガタやミヤマクワガタのように大顎の長い種類は大顎の根元が白く、やわらかいのです。

これは蛹になる時にスペースを取りすぎるのと、大顎が折れたり傷つくのを防ぐためと考えられているようです。

かつて、高校の部活で蝶の羽化を見たことがありますが、羽化直前の蛹を冷蔵して、白熱電灯で暖めていたので、人為的に羽化するタイミングを遅らすことはできました。クワガタの場合は使えないので、運任せです。

 


同じ日、LUMBERJACKのレンタルBOX虫メンテにて撮影した別個体で、早めに羽化したものは体が固まっていました。この個体は69mmで、2013年に羽化したものでは最大サイズでした。

 


翌週のメンテ時には赤黒くなってきました。クワガタは羽化してから体が固まるまで時間がかなりかかります。

2013年GW時点で3ペアが羽化し、♂は69mm・69mm、64.4mm、♀が46.0mm・40.1mm・39.9mmでした。

当時飼育していたのは山梨県産で、ショップにてブリード個体を買って、ブリードしていました。今では福島、新潟県で野生個体を採集し、ブリードしているので隔世の感があります。

また、決定的に違うのはレンタルBOXで冬を越したにも関わらず、1年で羽化しています。現在飼育しているものは冬の寒さを経験させないと菌床飼育でも幼虫期間が2年以上に延びてしまうことを考えると、関東以西産と東北産では環境による要因が違うといってもいいでしょう。

今ではオオクワガタをショップで買わなくなりましたが、野生個体を採集するのは難しいから採れた時の喜びは大きいものです。ショップで買うとのと野生個体を採集するのでどちらが高くつくかは一概には言えませんし、遠方へ採集に行けば交通費や宿代がそれ以上にかかります。

しかし、それだけ苦労してオオクワガタを採集したいという思いは一生変わらないでしょう。

福島産オオクワガタ幼虫

今日も4月上旬並みの気温で暖かい1日でした。明日からはまた真冬の寒さです。

 


昨日のLUMBERJACKレンタルBOX虫メンテではコクワガタ幼虫の飼育瓶投入後、オオクワガタ幼虫を数頭持ち帰りました。

オオクワガタ幼虫を持ち帰ったのは屋外バルコニーに出して寒さ経験させるためです。寒さ経験させなかったために、菌床飼育にも関わらず幼虫期間が3年に延びた事例があるためです。3年も育てるには相当な根気が必要です。

今回持ち帰ったのは青森産4頭全てと福島産1頭です。

福島産で菌床が全て食べられ、ほぼ土状になっていました。そこで幼虫の雌雄判別をするため、一旦取り出しました。

取り出してみると…でかいです!!体重測定したら18gで♂確定です。ここで菌床交換すべきか?寒さ経験が先か?

考えた挙句、寒さ経験を優先としました。野生下で穿孔している枯れ木は寒さが直接伝わるため、冬の間は幼虫が休眠状態になります。

一定期間、寒さに晒せば、その間は摂食もしないため、結果的に菌床交換時期を後ろ倒しにできます。幼虫を戻し、持ち帰りました。

3月中旬頃までを想定しているので、寒さに晒すことで蛹化スイッチ入ることでしょう。

新潟産オオクワガタ幼虫菌床交換

今日から2月です。今年は節分が明日2日で、立春は明後日3日です。立春以降は暦の上では春となり、後半から次第に春めいていきます。

10年以上前までは真冬の福島県・磐越西線のSL撮影が恒例でしたけどね…。

一昨日(1月30日)のLAMBERJACKレンタルBOX虫メンテにて新潟県産オオクワガタ幼虫の菌床交換をしました。

 


レンタルBOX中の新潟県産オオクワガタ幼虫は6頭全て菌床飼育です。昨年9月に投入後、交換をさぼってしまいました…。さすがに不味いと思い、交換することにしました。

1頭は蛹室を作り始めたので、交換するのは5頭となりました。

雌雄判別のため、体重測定です。左上から順に7、8、11、12、7gです。このうち11、12gのものは♂、残りの3頭は♀と判定し、一旦菌糸瓶に戻してから階下の店舗で菌床ボトルを買ってきました。

 


新しい菌床ボトルです。♂用に1400㏄を2本、♀用に800㏄を3本です。

 


引っ越した後の幼虫です。青森産もいますが、こちらは一旦持ち帰って寒さ経験後、春分以降に菌床交換予定です。菌床交換後、いきなり寒さにさらすのは良くないないようで、新潟産は2月中旬以降に持ち帰って寒さにさらすことになりそうです。

昨年12月後半ぐらいに持ち帰って寒さ経験させるべきでしたね…。東北産と違って新潟県産は未知数なところがありそうですが…。

オオ&ノコギリ幼虫餌交換

今日は仕事納めでした。明日から来年1月4日まで6連休です。

一昨日(12月27日)、午前中にLUMBERJACKへ行ってきました。オオクワガタ幼虫の菌床交換とノコギリクワガタ幼虫の引っ越しが中心でした。

まずは1階の店舗にてマットを買いました。

 


オオクワガタ幼虫を最初に菌床から取り出し、体重測定しました8gなのと頭の大きさから♀と判定、800㏄菌糸瓶へ引っ越しました。

 


続いて2頭目です。体重測定の結果、9gでしたが頭が大きいので♂と判定、1400㏄瓶へ引っ越しました。

 

ここで一旦、オオクワガタ幼虫の菌床交換を中断し、菌糸カスをマットに混ぜてタッパーへ詰めました。根食いなので劣化菌糸を食べさせれば大きくなりやすいのですが、オオクワガタ幼虫の菌床交換が遅れたため、ほとんどおが粉所帯になっていました。

50頭中40頭はヤフオクで放出し、残った10頭のうち、4頭は死亡または行方不明になったので6頭に減少しました。まあ、育てやすい数に減ったのでよしとしますか…。羽化後に売りに出してもたいした額にはならないですし。

 


オオクワガタ幼虫の菌床交換を再開、3頭目は16gで♂でした。伸びしろは…ですね。次回交換時に20g越えてくれれば70mmオーバーは期待できそうですが。

 


引っ越し後の幼虫です。左が♀、右が♂です。

 


続いて交換を実施、9gなのと頭の大きさから♀と判定しました。

 


こちらは13gで♂と判定しました。結果として3♂3♀の交換を終えました。持ち帰っての寒さ経験は年明け以降になりそうです。そうしないと幼虫期間が2年に延びてしまうことがあります。

新潟や青森産もまだですし、特に青森とか東北産は冬の寒さが必要でしょう。新潟産の場合、東北よりは暖かい方でも、雪が多量に降り積もる山間部の場合は寒さ経験が必要になるのでしょうか。まだ未知数なところもありそうです。

オオクワガタ幼虫材投入

今日は午前中、秋葉原と池袋に行ってきました。もし、緊急事態宣言が再び発令され、休業する店舗が出れば、今必要なものが手に入りにくくなる恐れがあったためです。今のうちにできることはやっておくという発想です。

 

昨日(11月28日)のLUMBERJACKではシデカワラ材を1本買ってきました。材を加水し、朝外出前に引き上げました。

 


水槽から引き上げた材は半日程度水切りしました。

 


夕方にはいよいよ幼虫投入です。27mmドリル刃で穴をあけました。

 


穴に幼虫を投入。幼虫の大きさを勘案して大きめに穴をあけましたが、余裕で入りました。大きさからして♂でしょう。

 


幼虫を入れた後は食痕で穴を塞ぎました。

 


ビニールで蓋をしました。これから寒くなるので、屋外バルコニーに出しておきました。寒さで幼虫の成長が一時止まることで、羽化までの期間を2年1化に延ばすことで時間を稼げると判断しました。数は来春採卵に期待し、来春採卵ものを菌床飼育で1年1化で羽化させれば、羽化時期を揃えられるからです。

はたして今回の作戦がうまくいくでしょうか?

福島産WD割出

連休中日は夕方明るいうちに割り出しをしました。福島産WDで、7月の遠征時に友人が採集したものです。7月末にセットして以来、4か月近くも放置気味でした。

 


昨日(11月21日)、LUMBERJACKから持ち帰りました。産卵木は齧られていますが…細い方はゼロでした。

 


太い方は堅く、割るのが大変でした。ようやく幼虫を発見しました。

 


幼虫を傷つけないように慎重に割っていくと…やっと出てきました。もう終齢にまで加齢したようです。こうなると菌糸瓶に移しても大型化は難しいです。

 


太い方は堅すぎたのか、幼虫は1頭のみでした。幸い、終齢初期なので、材飼育で時間を稼ぐしかありません。材飼育だと、2年かかりますが、数は来年採卵ものに期待するとして、羽化時期を合わせるにはそうするしかありません。

菌床飼育だと1年、材飼育だと2年が多いです。東北産なので寒さを経験させなかったり、夏場に冷やすと2年1化に延びることがあるので、これを逆手にとります。これから寒くなるので、材セット後はそのまま屋外バルコニーに置いて成長を一時止めることで、意図的に2年1化に引き延ばします。

次回、LUMBERJACKへ行ったら材を購入することにしましょう。

同居越冬

今日は週一の出社日でした。今週も退勤時は京王ライナーに乗車しました。京王初の有料座席指定列車で、全席指定関なので指定席券を買っておけば確実に着席できます。

 


11月後半ですが、小春日和が続き、今日にいたっては強い南風が吹いていました。明日は燃えるゴミ収集日です。越冬準備も兼ねて餌ゼリー交換、コクワガタ材飼育の際に余った材を活用するため、前日から再加水しました。

 


いざ容器にセットすると大きすぎたので半分に再度カットしました。クヌギマットで半分ぐらい埋め、オオクワガタのペアをセットしました。2頭とも福島産で5月に羽化した新成虫です。

一緒に越冬させたペアは生涯を通じて仲良く繁殖させることができるという情報をFacebookにて得たので、実践してみることにしました。

♂は71.6mmでF2、♀は7月の福島遠征時に宿で貰ったWF1です。F2の71.6mm♂は東北産らしいスリム体型なので、次期ブリードに使用することとし、異血統交配でCBF1を得られることになるとは思ってもいませんでした。

ブリードできるのは来春からなので、無事に越冬できるでしょうか。

新潟県産オオクワガタ越冬準備

昨日は休暇だったので今日が休暇明けです。テレワーク基本だと、平日でもずっと家にいるためか、平日なのか休日なのか曜日感覚が分からなくなってきています。今週から年内はほぼ毎週木曜日が出社日です。

 


昨日の幼虫材セットと同時に餌交換、同じ新潟産のトリオを越冬準備しました。ヤフオクで落札した材が1本余ったので、越冬セットに使うことにしました。来春の越冬明け後、産卵材として使える可能性もありますし。

まずは材を斜めにセットし、半分以上埋めて保湿用のゼリーを入れました。

 


最後に同一産地のトリオを入れました。ラベルを貼った後、屋外バルコニーへ出しました。団地でバルコニーがありますが、実はバルコニーには手すり以外は障壁となっており、日陰ができるのです。日陰部分に入れておけば、一日の温度変化が少ないのです。

水苔はまだ入れていませんが、ゼリーの減り具合を確認してからなので、現地で雪が降り始める12月頃でしょうか。山間部で根雪になるのは12月後半以降とみています。

昨年に新潟在住の友人が採集してくれたものですが、今季は産卵数が少なかったので、来季に期待です。

新潟産材セット第三陣

今日は有給消化のため、休暇を戴きました。現在は年間5日以上有給取得が法律で義務付けられており、今期付与分でまだ4.5日しか消化していなかったためです。その内訳は7月の福島遠征と9月の新潟遠征でそれぞれ2日間使用で4日間、6月下旬の体調不良による半日休暇で4.5日でした。

新型コロナで「カシオペアクルーズ」の運転がなく、有給取得してまで新潟もしくは群馬へ行く理由もなく、夏の遠征が終わった後はただ消化のために使うのも悪くなさそうです。

 


今日も新潟産オオクワガタ幼虫の材セットをしました。昨夜から水を入れたケースで加水し、朝には引き揚げて水切りしました。

 


夕方に投入準備をし、まずは材にドリルで穴をあけました。

 


幼虫の生存を確認し、材へ投入しました。

 


食痕で穴を塞ぎ、ビニールで蓋をしました。これにて7頭中6頭まで終わりました。

 


いよいよ最後の1頭です。ドリルで穴をあけ…

 


幼虫の生存を確認して投入しました。7頭全員の生存を確認しました。

 


食痕等で穴を塞ぎ、ビニールで蓋をしました。これにて7頭全員の材投入が終わりました。

 


外敵対策としてプラケース中に入れました。ケース底には川砂を薄く敷き詰めています。

幼虫最大の天敵はキツツキです。家の近所フィールドにもアカゲラやアオゲラ、コゲラといった小型種がいてもおかしくはなく、距離的にも飛んでこれないとは限りません。

幼虫が木の中にいるからといっても、安全とは限らないのです。寄生バチのアカスジツチバチの存在も忘れてはいけません。今は成虫の活動期ではありませんが、用心にこしたことはありません。

最初の材交換は来年5~6月頃となります。2年1化に引き延ばすには、夏は冷却の必要があるので、交換後はLUMBERJACKへ持っていくことになるでしょう。