お目覚め

5連休の中日は翌日が燃えるゴミ収集日なので、餌交換を実施しました。同時に一部のクワガタを起こしました。起こすといっても、マットを減らすだけです。

 


まずは新潟県の自己採集オオクワガタ♀です。新しい容器へ移すため、マットを掘ったところ…いました!無事に冬を越せてよかったです。

産卵セットは月後半以降なので、しばらくは栄養をつけるべく、新しい飼育ケースへ移しました。

 


続いては福島県産オオクワガタ♀です。現状、オオクワガタの飼育数が多いのは福島県産です。昨夏に友人が採集したもので、これも無事に冬を越せました。今年こそは多く産んでくれるでしょうか。

 


もう1頭の福島県産オオクワガタ♀です。2019年の自己採集もので、3年目になります。3年目となると、産卵は厳しくなります。人間でいえば40代に相当してくる筈です。高齢出産?になるのは確実で、産卵数は稼げない可能性があります。

産卵セットはせず、天寿を全うするまで余生を送らせる手もありそうです。

空き容器が少ないので、少しずつ餌交換と同時にマットを減らしながら起こすしかありません。今年は起こすのが遅れたので、ブリードシーズンの遅れは避けたいものです。

オオクワガタ準備

今年もコロナ禍でGW大型連休がスタートしました。大型連休でありながら、2年連続で行動制限を強いられることになります。

 


例年、5月頭あたりからオオクワガタのペアリングをしているので、観賞用のセットを準備しました。

野生下のオオクワガタは木の洞にいることが多く、洞付の餌台を縦型水槽にセットしました。数年も生きる虫ですから、家にこだわりを持っているのです。臆病な性格で敵が来てもすぐに隠れられるところがあることが条件なのでしょう。

家を見つけた♂は♀を待つ訳ですが、他の♂や他種の虫が来た時には容赦なく追い払います。その強さはカブトムシでさえ敵わないほどです。

ただし、この中にオオクワガタが入るのは次回餌ゼリー交換時となります。

昨年まではペアリング終了後に♂だけ入れていましたが、今年は同居冬眠していたのでどうでしょうか…?一度こちらのセットで同居させてみますか。一度同居冬眠させると雌雄仲良くなるようですが…。

通常の水槽は動線が平面なのに倒し、縦型水槽は立体的な動きができるので、結果は違ったものになるのでしょうか。

福島産オオクワガタ

明日は週1の出社日です。今週は29日が木曜日ですが、祝日なので1日繰り上がっています。

 


昨日の餌ゼリー交換時、福島県産の方は…?と気になって材をどけてみました。

まずは♂65.5mmと♀44.4mmのペアです。2018年に採集したるい血統のWF1です。ほとんどの羽化新成虫はヤフオクで売ってしまいましたが、形のいいものを残したのです。東北地方産は北上するほど体形がスリムになる傾向があり、スリム体型ながら美形を追い求めるためにあえてスリムなものを選んだのです。

2頭とも元気でした。材の一部が齧られているので、今期も産卵数が期待できそうです。幼虫が取れたら、あえて一部は材飼育にしますか?

羽化時期を平準化するためと、自然本来の体形を維持するなら材飼育をおいて他にはありません。

 


もう1ペアは昨年羽化したもので、♂71.6mmと♀43.5mmです。♀は昨夏の福島遠征時に宿でWF1個体を貰ったものです。

♂は美しく羽化したのでのと初めての70mmオーバーなので売るには惜しくCBF1を取るためにと残しました。

こちらも元気で材の一角が齧られているので期待できそうです。幼虫が取れたらこちらも一部を材飼育にするのもありです。

次世代で更なる大型化、最低でも72~73mmオーバーを狙いたいものです。

ペアリングそしてブリードシーズンはもうすぐです。

越冬失敗…明暗分かれる

明日は燃えるゴミ収集日なので、テレワーク終了後に餌ゼリーを交換しました。

 


オオクワガタの餌ゼリーがかなり減っているので、そちらを優先して交換しようと思った矢先に…

新潟県産WDのうち、トリオで同居越冬していた2セットのうち、1セットの2♀が死亡しました。WDですし、残り寿命が短いのは承知のうえでしたが、昨年の福島遠征時に友人から譲って貰った方で、これから2年目に入るところでした。

♂だけが残ったので、別ケースへ移しました。救いなのは昨年に採卵した子供が材飼育で育っているのですが、2年かかるので来年羽化しても再来年まではブリードできません。

 


もう片方のトリオは全員無事でした。こちらは3年目になろうとしているので、今シーズンこそもっと多くの幼虫を残してほしいものです。

明暗が分かれると葉思ってもいませんでした。こちらの幼虫は菌床飼育で、1♀が早々に羽化しました。残り5頭も無事に羽化してくれることを願ってやみません。

福島産オオクワガタ幼虫餌交換

今日は午前中、LUMBERJACKへレンタルBOX虫メンテに行ってきました。

福島産オオクワガタ幼虫の菌糸が劣化しているので、交換することを決めました。

 


階下の店舗で新しい菌糸瓶を買う前に幼虫を掘り出して体重測定しました。雌雄判別し、それぞれの大きさに合った菌糸瓶へ投入するためです。

まずは1頭取り出し、16gで♂確定しました。

 


2頭目は11gで♀確定です。4頭中1頭は菌糸に巻かれたのか死亡して跡形もなく消えました。もう1頭は菌床を掘った際に誤って傷つけてしまいました(泣)。

 


新しい菌糸ボトルへ投入しました。クリーム色になっているので、これ以上の伸びは難しいでしょう。

♂の羽化予想サイズは60mm台前半になりそうです。交換時期が遅かったきもしますが、一時的に冬の寒さを経験させて引き延ばせただけでもよしとしましょう。

今後は冬を挟む場合、交換時期の平準化も課題です。

餌ゼリーも同時に買ったので、成虫の餌交換を終えた後は帰宅しました。

福島産オオクワガタ幼虫餌交換

4月も2/3を過ぎ、GWも間近に迫ってきています。しかしながら、今年もコロナ禍が継続しているため、行楽どころじゃないのかもしれません。ワクチン接種もまだですし。100年以上前のスペイン風邪も世界的流行は2~3年続いたそうです。

 


一昨日(4月18日)のLUMBERJACKレンタルBOX虫メンテでは、近所産コクワガタ幼虫の餌補充の他、福島産オオクワガタ幼虫の餌交換を実施しました。

すでに菌床はほとんど食われ、土化しています。これはまずいと思ったのですが、新しい菌糸瓶の準備が遅れてしまいました。

幼虫を取り出し、新しい菌糸瓶へ引っ越しました。体重は10g前後なので、♀と判定しました。体色はクリーム色っぽくなっています。交換時期としてはすでに遅きに失したのでしょうか。

捨て瓶になるのを承知の上ですが、劣化した環境で蛹になるよりはましでしょう。もうあまり食べないかも知れませんが、無事に蛹化⇒羽化までいってほしいものです。

新潟産WF1♀引っ越し

今日は週1の出社日でした。明日1日仕事終えれば週末です…が、今度の週末は天気下り坂です。カシオペア撮影は24日ですし。

来週から産休・育休だった同僚が戻ってきますが、実際に再会するのは22日です。

 


先日羽化した新潟県産WF1のオオクワガタ♀を大きめのケースへ移しました。羽化して2~3か月は幼虫時代に溜め込んだ脂肪分が残っているので、餌は食べません。水分を切らさないように気をつけるだけです。

使用したケースはコバエシャッターミニです。ヒノキマットを敷き詰め、湿らせて転倒防止用に樹皮を敷きました。

 


ケース内に♀を放しました。新潟県産羽化第一号ですし、大切にブリードしなければなりませんね。とはいっても、未成熟ですから交尾産卵できるのは来春です。

相手方となる♂は…早くて初夏から盛夏になる見込みです。新成虫が初夏に脱出するのは、梅雨時で朽木が水分を含んで柔らかくなるので脱出しやすいからではないでしょうか?蛹室は樹皮近くで脱出口も幼虫のうちに作っておいているらしいです。

飼育下で瓶側面に蛹室を作るのも、樹皮に見立てているようです。

♂は今のところ友人が採集したWDのみですが、まだ見ぬ大歯型、どんな形で羽化するでしょうか?

友人のおかげで新潟遠征の新たな楽しみができそうです。紹介してくれた宿の方にも感謝ですね!!

福島産菌床交換

明日は週1の出社日です。もちろん通勤は小田急線利用で、複々線完成で通勤経路を変更していました。

 


青森県産の菌床交換後は福島県産に着手しました。1頭目は10gで♀と判断し、800㏄の新しい菌糸瓶へ引っ越しました。

 


2頭目は18g、♂なので1400㏄の新しい菌糸瓶へ引っ越しました。

 


3頭目は10gで♀確定、800㏄の新しい菌糸瓶へ引っ越しました。菌床はほとんど土化していました。

 


4頭目は17gで♂です。菌床はほとんど土化しています。

 


1400㏄の新しい菌糸瓶へ引っ越しました。4頭全員、菌糸がほとんど土化しており、冬を挟んで数か月放置していた事実は変わりません。一旦持ち帰って屋外バルコニーで寒さ経験させることで何とか交換時期を延ばすことはできました。

前回交換時に♂と確定したものはいましたが、少し体重を落としているので、羽化サイズに影響がなければいいのですが。65mmぐらいまで持っていけるのでしょうか…?もう少し伸びるかは微妙ですね。

オオクワガタ生存確認

テレワーク業務が終了した後、屋外バルコニーで冬眠中のクワガタの餌ゼリーを交換しました。

新潟で採集したコクワガタの♂が起きていた他、餌ゼリーが減っているのが多く見受けられました。暖かい日に一時的に起きて食べたようです。しかし、4月前半のうちはまだ活動量は多くないようです。

 


そんな中、福島産オオクワガタの越冬ケースでマットがやや乾燥、材も樹皮が剥がされていました。餌ゼリーは減っていますが、少し心配になって材をどけてみました。

なんと!仲良く寝ているではありませんか?冬眠の際に雌雄同居させると、翌春の交尾がうまくいくらしいと聞いたことがありますが、真相はもう少し先になりそうです。

冬眠中に成熟し、♀からのフェロモンが♂の体に染みつくからでしょうか?現状唯一の70mmオーバー♂ですし、採卵成功すれば産まれてくる幼虫はCBF1になります。

71.6mmで当面の目標となる72mmにはあと一歩及ばなかったですが、次世代では更なる大型個体の羽化を期待したいです。あと0.4mm…、いや73mmを越えてほしいものです。

青森産オオクワガタ幼虫菌床交換

今日は午後、LUMBERJACKレンタルBOXの虫メンテに行ってきました。青森産オオクワガタ幼虫の菌床がほとんど食べられていて、交換する予定でした。

 


まずは最初の1頭を取り出しました。菌床は木屑さえも分からない微粒子状態になっていました。幼虫がでかい…。

体重測定したら15gで♂確定です。羽化予想サイズは65mmぐらいになりそうです。

 


古い菌床も一緒に新しい菌糸瓶へ移しました。♂なので瓶サイズは1400㏄です。

 


2頭目は9gで♀確定、800㏄の新しい菌糸瓶へ移しました。

 


3頭目は8gで♀確定、800㏄の新しい菌糸瓶へ移しました。

 


4頭目は菌糸にまかれて死んだようで、青森県産は3頭に減少しました。1♂2♀の陣容になりましたが、無事羽化してくれるでしょうか。

羽化しても当年はブリードが出来ず、1年程度の熟成期間を置く必要があるため、次世代の幼虫を取ることが出来るのは早くても来年(2022年)となります。

幼虫が少なく、青森県産のWDは採卵が難しかったのかな?と思うばかりです。もしかしたらオオクワガタは東北産でも南東北と北東北で難易度が変わるのかもしれません。

目標である青森県産採集のためにも手かがりとなってくれるのでしょうか…?