新潟産♀蛹化

明日は週1の出社日です。今日は晴れていましたが、昨日よりは気温が低下、真冬並みの寒さとなりました。

1月末にLUMBERJACKのレンタルBOX虫メンテで、新潟産オオクワガタ幼虫が1頭、前蛹になっていました。こうなると、幼虫はもう動かないので、菌床交換の対象外となっていました。

 


翌週には蛹になっていましたが、カメラを持っていなかったので、写真は撮れませんでした、その翌週も持参しておらず、20日にやっと写真を撮ることができました。

新潟産での蛹化第一号です。性別は♀で、冬季に寒さ経験させなくても、ほとんど1年1化で羽化することは分かっていました。

菌床がほとんどなくなっていたので、早期に蛹化スイッチが入ったのでしょう。羽化予想サイズは35mm前後になりそうです。

この日は新潟産のうち、半数の3頭を持ち帰りました。バルコニーで寒さ経験させたものと、レンタルBOXで寒さ経験させなかったものの違いを見比べるためです。

新潟県は雪質が水分多目のベタ雪で、東北・北海道に比べたら暖かいイメージがあります。しかし、採集地が山間部で、当然ながら平野部よりは気温が低くなります。福島産で冬の寒さ経験させなかったために、菌床飼育でも2年1化または3年1化が出てしまったので、新潟産は7未知数です。

結果は初夏にわかるでしょう。結果次第では今季採卵個体の飼育方法確立につながりそうです。

新潟産オオクワガタ幼虫菌床交換

今日から2月です。今年は節分が明日2日で、立春は明後日3日です。立春以降は暦の上では春となり、後半から次第に春めいていきます。

10年以上前までは真冬の福島県・磐越西線のSL撮影が恒例でしたけどね…。

一昨日(1月30日)のLAMBERJACKレンタルBOX虫メンテにて新潟県産オオクワガタ幼虫の菌床交換をしました。

 


レンタルBOX中の新潟県産オオクワガタ幼虫は6頭全て菌床飼育です。昨年9月に投入後、交換をさぼってしまいました…。さすがに不味いと思い、交換することにしました。

1頭は蛹室を作り始めたので、交換するのは5頭となりました。

雌雄判別のため、体重測定です。左上から順に7、8、11、12、7gです。このうち11、12gのものは♂、残りの3頭は♀と判定し、一旦菌糸瓶に戻してから階下の店舗で菌床ボトルを買ってきました。

 


新しい菌床ボトルです。♂用に1400㏄を2本、♀用に800㏄を3本です。

 


引っ越した後の幼虫です。青森産もいますが、こちらは一旦持ち帰って寒さ経験後、春分以降に菌床交換予定です。菌床交換後、いきなり寒さにさらすのは良くないないようで、新潟産は2月中旬以降に持ち帰って寒さにさらすことになりそうです。

昨年12月後半ぐらいに持ち帰って寒さ経験させるべきでしたね…。東北産と違って新潟県産は未知数なところがありそうですが…。

新潟県産オオクワガタ越冬準備

昨日は休暇だったので今日が休暇明けです。テレワーク基本だと、平日でもずっと家にいるためか、平日なのか休日なのか曜日感覚が分からなくなってきています。今週から年内はほぼ毎週木曜日が出社日です。

 


昨日の幼虫材セットと同時に餌交換、同じ新潟産のトリオを越冬準備しました。ヤフオクで落札した材が1本余ったので、越冬セットに使うことにしました。来春の越冬明け後、産卵材として使える可能性もありますし。

まずは材を斜めにセットし、半分以上埋めて保湿用のゼリーを入れました。

 


最後に同一産地のトリオを入れました。ラベルを貼った後、屋外バルコニーへ出しました。団地でバルコニーがありますが、実はバルコニーには手すり以外は障壁となっており、日陰ができるのです。日陰部分に入れておけば、一日の温度変化が少ないのです。

水苔はまだ入れていませんが、ゼリーの減り具合を確認してからなので、現地で雪が降り始める12月頃でしょうか。山間部で根雪になるのは12月後半以降とみています。

昨年に新潟在住の友人が採集してくれたものですが、今季は産卵数が少なかったので、来季に期待です。

新潟産材セット第三陣

今日は有給消化のため、休暇を戴きました。現在は年間5日以上有給取得が法律で義務付けられており、今期付与分でまだ4.5日しか消化していなかったためです。その内訳は7月の福島遠征と9月の新潟遠征でそれぞれ2日間使用で4日間、6月下旬の体調不良による半日休暇で4.5日でした。

新型コロナで「カシオペアクルーズ」の運転がなく、有給取得してまで新潟もしくは群馬へ行く理由もなく、夏の遠征が終わった後はただ消化のために使うのも悪くなさそうです。

 


今日も新潟産オオクワガタ幼虫の材セットをしました。昨夜から水を入れたケースで加水し、朝には引き揚げて水切りしました。

 


夕方に投入準備をし、まずは材にドリルで穴をあけました。

 


幼虫の生存を確認し、材へ投入しました。

 


食痕で穴を塞ぎ、ビニールで蓋をしました。これにて7頭中6頭まで終わりました。

 


いよいよ最後の1頭です。ドリルで穴をあけ…

 


幼虫の生存を確認して投入しました。7頭全員の生存を確認しました。

 


食痕等で穴を塞ぎ、ビニールで蓋をしました。これにて7頭全員の材投入が終わりました。

 


外敵対策としてプラケース中に入れました。ケース底には川砂を薄く敷き詰めています。

幼虫最大の天敵はキツツキです。家の近所フィールドにもアカゲラやアオゲラ、コゲラといった小型種がいてもおかしくはなく、距離的にも飛んでこれないとは限りません。

幼虫が木の中にいるからといっても、安全とは限らないのです。寄生バチのアカスジツチバチの存在も忘れてはいけません。今は成虫の活動期ではありませんが、用心にこしたことはありません。

最初の材交換は来年5~6月頃となります。2年1化に引き延ばすには、夏は冷却の必要があるので、交換後はLUMBERJACKへ持っていくことになるでしょう。

新潟産材セット第二陣

七五三に相応しく好天に恵まれた今日も日没後に新潟産オオクワガタ幼虫を2頭、飼育材へセットしました。

 


飼育材は昨夜のうちに水を入れたケースにて加水しました。朝には引き揚げて水切りしました。

 


半日程度水切りし、ドリルで材に穴をあけました。

 


幼虫の生死を確認し、材に投入しました。まだ初齢で小さいです。2年1化はほぼ確実です。もうすぐ冬を迎え、その間は成長が止まってしまいます。

 


食痕で穴を塞ぎ、ビニールで蓋をしました。

 


続いて2本目の準備です。ドリルで穴をあけました。直径は12mmです。

 


2頭目も生存を確認し、材へ投入しました。

 


食痕で穴を塞ぎ、ビニールで蓋をしました。これにて7頭中5頭が材へ投入し終えたことになります。

残りの2頭は明日(11月16日)で、すでに仕込み中です。一時、LUMBERJACKへ持っていこうかと考えましたが、幼虫がまだ小さく、どっちみち2年はかかるのですから、持って行かなくていいとの結論に達しました。

材交換は来年の6月頃を想定、夏の間は冷やせば2年に引き延ばせそうです。東北産は冬に寒さを経験させなかったり、夏季に冷やすと菌床飼育でも幼虫期間が2年になることがありますが、新潟県産の幼虫飼育は初めてなので未知数です。採集地が冬は雪が多量に降り積もる山間部なので、東北産に近いかも知れません。

 

新潟産材セット第一陣

今日は夕方に新潟産オオクワガタ幼虫を3頭セットしました。午前中や午後は用事が色々あったのと、材の水切り時間を考量してのことです。

 


昨夜から加水し、朝には引き揚げて水切りしました。

 


日没後、いよいよ準備開始。まずはドリルで幼虫が入る穴をあけました。

 


幼虫の生死を確認し、穴へ投入しました。2年間にわたる材飼育の第一歩です。

 


幼虫を入れた後は食痕等で穴を塞ぎ、ビニールで蓋をしました。

 


1頭目が終わった後、続いて2頭目の準備です。

 


2頭目も生存を確認し、材の穴へ入れました。

 


食痕で穴を塞ぎ、ビニールで蓋をしました。真の部分が多く、可食部が少ないように感じます。来春に材交換は必至でしょう。

 


3頭目の準備です。

 


3頭目も生存を確認し、材の穴へ入れました。今回投入したのは戴きもののうち、38.4mm♀から採卵したものです。まだ名前はありません。血統管理のため、ペットネームをつけていますが、思いつかないのが現状です。

GF(仮)のガールから名前を戴くにしても、候補を絞り切れていません。♂の方も同じで、新潟の戦国武将ときたら上杉謙信ですが、彼には子供がおらず、姉の息子…つまり甥を養子に迎えています。その甥が景勝で、豊臣秀吉の命で会津へ移ったのち、関ヶ原の戦い後は山形県の米沢へ移っています。新潟⇒会津⇒米沢なら景勝の名前を戴くのもありかと。

 


3頭全て終えました、11月後半近いので、一時的にLUMBERJACKへ持って行き、1か月程度過ごしてから持ち帰って越冬させるのもありかも知れません。

いかに幼虫期間を2年に延ばすか?自然のままでこのまま屋外バルコニーに置くか?新潟は雪質からして東北に比べたら暖かい方ですが、山間部と平野部で生態が異なるのかも知れません。平野部は冬でも雪が少ないので、西日本産同様に冬でも温室飼育は可能として、山間部は東北産同様に一定期間の寒さを経験させないと菌床飼育でも幼虫期間が2年1化以上に延びることがありそうです。

過去にカワラタケ材で飼育した時は満足のいく結果が出ていなかったので、良い結果を出すために考えなければいけません。

越冬準備・2

明日は燃えるゴミ収集日なので、餌交換を実施しました。最後の生き残りだったクマスズムシの♀が死亡し、今季採集したコオロギは全て天寿を全うしました。産卵している可能性があるため、ケースは屋外バルコニーへ出しました。来春に幼虫が孵化していれば成功です。

 


まずは9月の新潟遠征時に採集したオオクワガタの♀です。昨日と同じく、ケースの半分ぐらいまでマットを詰め、餌台、水苔を敷き詰めました。採集時期から今季の採卵は望めず、ブリードは来春からです。

 


ノコギリクワガタの♂がまだ生きていることが確認されました。野外採集したものはその年の秋に死んでしまいますが、11月中旬になってもまだ生きています。
過去には2013年7月に採集したものが年を越して翌年の7月まで生きましたが、2例目となるのでしょうか。

 


もう1頭のオオクワガタ♀も越冬準備をしました。こちらは昨秋に新潟の友人から送って貰ったものです。

 


これにて新潟県産のオオクワガタは4♀が越冬体制に入ったことになります。

しかし、新潟産はまだ2♂2♀、福島産は2♂6♀、青森産1♀がまだ準備していません。マットも買い足しさなければならず、コクワガタやスジクワガタもいるので、全て終わるのは勤労感謝の日3連休になるでしょう。

冬眠できないものは室内に残り、天寿を全うすることになります。

越冬準備

11月も1/3以上が過ぎ、部屋も暖房が付き始めました。そろそろドルクス族を中心に冬眠準備をしなければなりません。

テレワーク業務が終わった後、まずはExcelでラベルを作りました。いつ、どこで採集したものかわかりやすくするためです。

 


PCプリンターのインクがシアンを除いて少なくなったので、ヘッドクリーニングやインクカートリッジ交換作業が発生、実際にラベル作成を終えたのは夕食後でした。

マットをケースの半分ぐらいまで入れ、餌台とゼリーをセットし、周囲に水苔を敷き詰めました。換装防止と保水のためです。

 


最後に越冬個体を入れ、ラベルを貼りました。先陣は新潟産オオクワガタの♀2頭で、7月の福島遠征時に友人から戴いた採集個体です。

この後は屋外バルコニーに出しました。すでに最高気温は15度前後、朝の最低気温も1桁になっています。このまま来春まで冬眠体制となります。起こすのは概ね3月下旬、学校が春休みに入る頃なので4か月半の眠りにつきます。

コクワガタ等、他のドルクス族も順次冬眠体制に入りますが、残り寿命の短いものは死んでいきます。実際、昨年に採集した青森産コクワガタ♀は虫の息状態です。

新潟県産オオクワガタ幼虫割り出し

今日から11月です。今年もあと2か月となりました。

夕方には7月の福島遠征に友人から戴いたオオクワガタの産卵セットを割り出しました。7月末にセットして3か月が経ちました。

 


最初の産卵セットは菌糸?で覆われ、白くなっています。菌糸はシイタケでしょう。産卵木は元はシイタケ栽培に使ったものなのです。

 


産卵木を割ると…出てきました!!最初の産卵セットからは4頭の幼虫が得られました。3か月は長すぎでした。土産み種とは違いますからね。

 


もう1つの産卵セットです。マットの一部が土化し始めたようです。

 


産卵木が齧られているので、望みはありましたが…

 


出てきた幼虫は1頭のみでした。

 


念のため、ケースをひっくり返したら、幼虫が2頭出てきました。たまにマットへ潜ることもあるようです。

 


最終的に得られた幼虫は7頭でした。貴重なWF1ですし、大切に育てていかなくてはいけません。問題は菌糸を詰める瓶が不足しているので、思い切って材飼育にする手もありそうです。この場合、羽化まで2年はかかりますが、形を取るなら材飼育です!!

雌雄どちらかに偏る可能性も否定できないので、数は来季に期待するとして、来季採卵ものは菌床飼育とすれば、羽化時期の平準化を図れそうです。つまり、再来年の夏に羽化新成虫の数をある程度揃えることができます。

まずは飼育材の調達からです。

新潟遠征の成果

今日から再びテレワークです。午後から断続的に雨が降り始めました。数日は降り続くらしいので、今年の夜間樹液採集シーズンは事実上終了です。ただし、確実な終了判定はもうしばらく先で、これからは11月までは日中観察に切り替えです。

18時20分ごろに友人と合流し、灯火巡り採集に向かいました。途中のコンビニで食料を調達しました。

22時半ぐらいまで採集し、0時近くには宿に戻りました。1日目夜の成果は…

 


まずはコクワガタです。灯火採集時、コクワガタが来ればオオクワガタが来る可能性が高いですが、残念ながらコクワガタを拾ったところにはオオクワガタは来ませんでした。それでもペアを拾えたので、来春のブリードは可能です。

 


次いでノコギリクワガタです。♂2頭拾うことはできましたが、残念ながら♀は拾えませんでした。ブリードは不可能なので、寿命で死んだら標本は確実です。

 

そして…オオクワガタの♀です!!新潟産の採集は初めてです。同時に2014年の合宿以来、6年ぶりにリベンジを果たせました。

今季は福島産を採集できなかったので、新潟産を採集したことで面目は保たれました。

福島に続いて新潟でもオオクワガタ採集実績を作ったことになります。目指すは…♂の採集と本命の青森産です!!

福島、新潟、青森の3か所同時採集も狙いたいところですね。十和田湖なら、秋田産も同時に狙えそうですが。

露天風呂に浸かった後は就寝しました。