越冬準備

今日から12月、今年もあと1か月になりました。

テレワーク業務終了後、一部のクワガタ餌交換を実施、同時に越冬準備をしました。

 

まずは青森県産からです。インセクトフェアで買った後はマットを半分近く入れたケースに移していたので、餌ゼリー交換後に水苔を敷き詰めました。

今年のインセクトフェアは11月下旬の開催だったので、本荒は冬眠に入る時期だからです。高蛋白ゼリーで栄養をつけさせたので、大丈夫だと思いますが…。暖かい日には一時的に起きてゼリーを食べることもありえるでしょうし。

 


続いて福島県産です。仕切り付きケースへ移し、餌ゼリーと水苔も一緒に入れました。

 


新潟県産のWD♂です。友人が2019年9月に採集してから2年以上生きていることになります。栄養状態がよければ7~8年生きますが、小型個体なのでそこまで長生きは難しいでしょう。長くて4年ぐらいでしょうか?

新しいケースにマットを敷き詰め、餌ゼリー、換装防止の水苔と一緒に入れました。

福島県産の♂がなかなか潜らないので、青森、新潟県産のケースを屋外バルコニーへ出しました。まだコクワガタも残っているので、こちらも準備が整い次第、ケースを屋外バルコニーへ出します。遅くとも寒さが本格化する月後半までに終わらせたいですね。

温暖化の影響か、冬眠に入るのが遅くなっている気が…?いやいや、冬眠準備サボっていただけなのか…(;^ω^)

発送準備

コロナワクチン接種の副反応から復帰、テレワーク終了後にトランクルームへ発泡スチロール製のクーラーボックスを取りに行き、ダイソーでカップを買ってきました。

 


夕食後に葉発送準備をしました。もうすぐ本格的な冬を迎え、冬眠させるためには次代のブリードに使う分以外の在庫を減らす必要があると判断し、ヤフオクに出品しました。

今季は産卵セットが遅れたり、材が堅すぎて幼虫があまり取れず、惨々でした。前年にあまり産まなかった♀が翌年のシーズンにはよく産むようになったり、符節麻痺が越冬後に治っていたり…越冬には何らかの自然治癒力が備わっているそうです。

とはいえ、長命なオオクワガタといえど、♀が産卵できるのは羽化して2年後ぐらいまででしょう。羽化後、一度蛹室内で休眠して翌年の初夏に活動開始したと仮定すれば2シーズンまでということになります。3シーズンとなれば人間というとアラフィフすなわち40代後半~50代前後に相当しますので難しくなります。

それを考慮して若い2シーズンのうちに幼虫を取り、野外採集と合わせてCBF1を取りつつ血統維持できればベストです。

明日もテレワークなので昼休憩時に郵便局へ持って行き、旅立ちです。

落札されたが…

今日もコロナワクチン副反応は収まらず、朝の起床時は37.4度で、結局はテレワークをお休みせざるを得ませんでした。

夕方には体温が36度台前半まで下がり、幾分か回復しました。YouTubeチャンネル開局に向けての準備もあるため、ヤフオクにて落札したものをコンビニにて引き取りました。

 


ヤフオクに出品したオオクワガタが落札されました。雌雄ともに大型ですがF2なので値段はそこそこでした。

落札者から入金され、後は送るだけなのですが…終了日が昨夜で副反応のために寝込んでおり、発送準備ができていません。

梱包資材準備の都合上、落札者には事情を話し、発送は早くて12/1(水)になることを伝えました。今度の発送先は福島県です。ひとくちに福島県といっても広く、匿名配送のためどの地域かはわかりませんが、新しい飼い主の元で子孫を残してくれることでしょう。

福島県で生息が確実に確認されているのは檜枝岐を中心とした奥会津地方です。いつもことながら、福島県には人生のターニングポイントがあるような気がしています。ただし、元相手の急な予定変更以外はですね。

ヤフオク出品

4連休が終わり、今日から通常勤務です…とはいってもテレワークですが。明日は週一の出社日です。

 


本日付けでオオクワガタの福島産今季ペアをヤフオクに出品しました。今季出品するのは4ペア目です。

♂が70mmオーバー、♀も47mm超えているので、出品するか迷っていました。これまでの自己飼育もので羽化最大サイズに0.2mm及びませんが、♀も大きいほど高く売れる傾向があります。

大型ペア同士だとかなり高く売れそうですが、F2なので未知数です。今季は産卵木が堅すぎてCBF1幼虫が取れなかったので、来年に期待です。

11月終盤近くになって急に冷え込んだのでドルクス族といった越冬種はそろそろ屋外バルコニーに出して冬眠させなければいけません。飼育スペース確保のため、次代に使うもの以外はヤフオクで売りに出して放出するのがいいのです。

そのため、ここぞというときに備えて取っていたのですが、今回の放出の判断に至りました。現在、ヤフオクでは落札日を27・28日に設定するとシステム利用料が半額になるキャンペーンを行っており、落札日を28日に設定しました。

昨年、商品を落札しておきながら、送付先等の連絡をせず、こちらから連絡しても無視したうえで取引放棄した輩がいたので、気をつけなければいけません。今回も気持ちのよい取引ができるでしょうか。

オオクワガタ幼虫菌糸投入:1

今日は午前中、LUMBERJACKレンタルBOX虫メンテに行ってきました。

 


菌糸詰めから1週間がたち、再生して真っ白です。いよいよ幼虫投入です。

 


まずは福島県産F2幼虫から投入です。材の破片を破砕した即席マットでは栄養があまりないのか、割り出しから2か月以上経ってもまだ小さい幼虫のままでした。

菌床に穴をあけて幼虫を食痕と一緒に投入しました。

 


あっという間に4頭の幼虫を投入しました。本来なら3か月後に交換しますが、今は11月。冬が近づいているのと、東北地方産は冬の寒さを経験させないと、菌床飼育でも幼虫期間が2年以上に延びてしまうことがあるため、12月中旬以降に一旦持ち帰り、屋外バルコニーで寒さを経験させます。

寒さ経験期間は1~2か月程度を想定、できれば花粉飛散前までにしておきたいものです。よって次回交換は来春となる公算が大きいです。

瓶の蓋をした後は飼育棚へ戻し、新しい菌糸瓶を取り出して新潟県産にも着手しました。

オオクワガタ発送

週明けは季節外れの残暑でのスタートでした。在庫整理とコスト回収を兼ねてオオクワガタの♂を1頭、ヤフオクに出品しました。

F2で野外採集の親から数えて孫の世代ですが、意外と高値で落札されました。業者が入っていた可能性があると思うと。少し複雑です。

 


朝のうちに準備しておき、お昼休憩時に郵便局へ持っていきました。ヤフオクでは生体をゆうパックでしか発送できなくなってしまいました。新潟の友人に聞いたところ、熱帯魚店をやっていますが、クロネコヤマトで生体発送ができているとのことでした。ただし、死んで到着しても責任は取れないとのことでした。

まだ数日は残暑が続くそうなので、発泡スチロールの箱に保冷剤を入れました。

現在は小遣い程度でコスト回収までには至っていませんが、ネットオークションでも年間20万円以上の売り上げがあった場合は確定申告が必要になるそうです。わからないことは専門家…税理士に聞くのも一つの手ですね。会社設立等の起業時に税理士に相談するのもそのためです。

いつかは起業するのかわかりませんが、元々インターネット分野に興味があり、今のIT会社に転職してから5年半が経ちますが、まだまだ学ぶことは多いでしょうね。

休養セット

シルバーウイーク前半3連休も今日で最終日です。前半が3連休、後半が飛び石になるのは、GWと逆のパターンですね(笑)。GWの場合、前半が飛び石、後半が3連休以上になるパターンはよくあることでした。

 


明日は燃えるゴミ収集日なので、夕方に餌交換しました。このうち、オオクワガタWF1の♀を産卵セットから取り出し、休養セットへ移しました。

セットしてから2か月以上が経過しており、もう9月後半なので休ませることにしました。

昨夏の福島遠征時に宿で貰ったもので、F2の♂と掛け合わせてCBF1を取ることにしていました。WF1⇒F2⇒F3…と累代は近親交配によるものなので、劣勢遺伝子も含まれています。同じ親の血を持つものを交配し続ける訳ですから、次第に濃くなっていきます。

その劣勢遺伝子によって虚弱体質になったり、奇形が出たり、産卵数の減少などがでるのですが、相当累代を重ねない限り発現はしません。そのため、F3あたりで異血統交配等によって血統リセットを行うブリーダーが多いのです。

かつてヒラタクワガタを10年以上にわたって血を絶やすことなく累代飼育できたのも、野生の血を入れて血統リセット、CBF1を取り続けたからです。

オオクワガタはヒラタクワガタ以上に採集しにくいので、どの代で血統リセットするか考えなければいけません。

数日内に割り出してみますが、産卵してくれているのでしょうか。

福島産オオクワガタ割り出し

今日からパラリンピックが開催されました。もう1つのオリンピックで障碍者対象のスポーツ祭典で、9月5日まで行われます。

テレワーク業務終了後、福島県産オオクワガタの産卵セットを割り出しました。

 


まずは産卵セットから木を取り出しました。かなりぼろぼろになっているので、期待できそうです。

 


産卵木を崩してみましたが…思ったほど幼虫があまりいません!

 


マットに潜っている可能性も考え、ケースをひっくり返して調べましたが、こちらもあまりいませんでした。

 


産卵木がぼろぼろになりすぎていたこともあって、最後の産卵木にも望みを託しましたが、結果は思わしくありませんでした。

 


結果は4頭しか取れませんでした。羽化後2年経過しており、人間でいえば30代です。♀の年齢も産卵数に影響するのでしょうか?

若い♀ほど多くの卵を産めるからでしょうか。3シーズンが限界なので、来年が産卵できる最後の年になるでしょう。それ以後は次世代に託するしかありません。

友人の話によるとオオクワガタはF15ぐらいまでなら大丈夫そうですが、あまり累代を重ねすぎると大型化は望めません。産卵数の減少もありうるでしょうし、適度に違う血を入れることも重要です。

異血統交配となるCBの方はどれくらい産卵しているでしょうか?週末以降に割り出さないと分かりません。

福島産オオクワガタ産卵&休養セット

3連休最終日は強風の1日でした。明日と明後日はテレワークで12~15日が夏休みです。

 


昨日のうちに材を仕込み、バケツで一晩加水のち水切りしました。

 


夕方には産卵セットです。材をセットし、マットで半分程度埋めました。産み込みマットは前年の産卵セットに使った材の破片をミキサーで破砕して作りました。

しかしながらまだ大量に余っており、処分しきれていません。早いとこカブトムシに産卵させ、幼虫の餌にするのが近道です。

餌ゼリーをセット後に♀を入れました。♀は福島産WDで、昨年に友人から戴いたものです。2年目ですが、まだ産卵は可能でしょうか。

 


WF1の44.4mm♀を産卵セットから取り出し、休養セットに入れました。材がなければもう産みません。産卵モードに入ればブレーキはかかりません。止めるには材を取り上げるしかないのです。

今までお疲れさまでした!今季はどれくらい産んでいるかわかりませんが、材がボロボロになっているのは確かです。夏休みに入ったら割り出してみるとしますか。数によってはヤフオクで売ることも考えないといけませんね。

2頭目の70mmオーバー羽化

今日は午前中、LUMBERJACKレンタルBOX虫メンテに行ってきました。

まずは福島産オオクワガタで先週羽化が確認された2♂を取り出しました。

 


すでに黒く色づいていました。腹はまだ赤味が残っていますが、取り出すタイミングがやや早かったようです。

ノギスで測定したら体長は72.2mmでした。暫定値ですが、当面の目標はぎりぎり達成したことになります。これにて2頭目の70mmオーバーが羽化したことになります。

体幅は23.2mmで前回の68.4mmに対し0.4mmしか太くなっていません。最終測定時は14gでしたが、東北産の場合、最大体重が20g未満でもスリム体型で70mmオーバーが羽化することはありえそうです。

 


もう1頭は65mm台でした。ちょこまか動き回ってなかなか写真を撮らせてくれませんでした。

 


今季は♂に偏って羽化しましたが、ダメ元で800㏄ボトルを暴いたら♀が出てきました。測定したら47.9mmでした。次期種親候補です。

次代で大型化を目指すなら♀の大きさを重視した方がよい様です。♀が大きければ、大きな卵を産んでくれる可能性が高いからです。

 


今回のトリオは持ち帰りました。次期種親とヤフオクで売る分の選別です。

今季は羽化個体が少なかったように感じます。♂に偏っていますし…。綺麗に羽化してくれたのが幸いと言えるでしょう。