オオ&ノコギリ幼虫餌交換

今日は仕事納めでした。明日から来年1月4日まで6連休です。

一昨日(12月27日)、午前中にLUMBERJACKへ行ってきました。オオクワガタ幼虫の菌床交換とノコギリクワガタ幼虫の引っ越しが中心でした。

まずは1階の店舗にてマットを買いました。

 


オオクワガタ幼虫を最初に菌床から取り出し、体重測定しました8gなのと頭の大きさから♀と判定、800㏄菌糸瓶へ引っ越しました。

 


続いて2頭目です。体重測定の結果、9gでしたが頭が大きいので♂と判定、1400㏄瓶へ引っ越しました。

 

ここで一旦、オオクワガタ幼虫の菌床交換を中断し、菌糸カスをマットに混ぜてタッパーへ詰めました。根食いなので劣化菌糸を食べさせれば大きくなりやすいのですが、オオクワガタ幼虫の菌床交換が遅れたため、ほとんどおが粉所帯になっていました。

50頭中40頭はヤフオクで放出し、残った10頭のうち、4頭は死亡または行方不明になったので6頭に減少しました。まあ、育てやすい数に減ったのでよしとしますか…。羽化後に売りに出してもたいした額にはならないですし。

 


オオクワガタ幼虫の菌床交換を再開、3頭目は16gで♂でした。伸びしろは…ですね。次回交換時に20g越えてくれれば70mmオーバーは期待できそうですが。

 


引っ越し後の幼虫です。左が♀、右が♂です。

 


続いて交換を実施、9gなのと頭の大きさから♀と判定しました。

 


こちらは13gで♂と判定しました。結果として3♂3♀の交換を終えました。持ち帰っての寒さ経験は年明け以降になりそうです。そうしないと幼虫期間が2年に延びてしまうことがあります。

新潟や青森産もまだですし、特に青森とか東北産は冬の寒さが必要でしょう。新潟産の場合、東北よりは暖かい方でも、雪が多量に降り積もる山間部の場合は寒さ経験が必要になるのでしょうか。まだ未知数なところもありそうです。

オオクワガタ幼虫材投入

今日は午前中、秋葉原と池袋に行ってきました。もし、緊急事態宣言が再び発令され、休業する店舗が出れば、今必要なものが手に入りにくくなる恐れがあったためです。今のうちにできることはやっておくという発想です。

 

昨日(11月28日)のLUMBERJACKではシデカワラ材を1本買ってきました。材を加水し、朝外出前に引き上げました。

 


水槽から引き上げた材は半日程度水切りしました。

 


夕方にはいよいよ幼虫投入です。27mmドリル刃で穴をあけました。

 


穴に幼虫を投入。幼虫の大きさを勘案して大きめに穴をあけましたが、余裕で入りました。大きさからして♂でしょう。

 


幼虫を入れた後は食痕で穴を塞ぎました。

 


ビニールで蓋をしました。これから寒くなるので、屋外バルコニーに出しておきました。寒さで幼虫の成長が一時止まることで、羽化までの期間を2年1化に延ばすことで時間を稼げると判断しました。数は来春採卵に期待し、来春採卵ものを菌床飼育で1年1化で羽化させれば、羽化時期を揃えられるからです。

はたして今回の作戦がうまくいくでしょうか?

福島産WD割出

連休中日は夕方明るいうちに割り出しをしました。福島産WDで、7月の遠征時に友人が採集したものです。7月末にセットして以来、4か月近くも放置気味でした。

 


昨日(11月21日)、LUMBERJACKから持ち帰りました。産卵木は齧られていますが…細い方はゼロでした。

 


太い方は堅く、割るのが大変でした。ようやく幼虫を発見しました。

 


幼虫を傷つけないように慎重に割っていくと…やっと出てきました。もう終齢にまで加齢したようです。こうなると菌糸瓶に移しても大型化は難しいです。

 


太い方は堅すぎたのか、幼虫は1頭のみでした。幸い、終齢初期なので、材飼育で時間を稼ぐしかありません。材飼育だと、2年かかりますが、数は来年採卵ものに期待するとして、羽化時期を合わせるにはそうするしかありません。

菌床飼育だと1年、材飼育だと2年が多いです。東北産なので寒さを経験させなかったり、夏場に冷やすと2年1化に延びることがあるので、これを逆手にとります。これから寒くなるので、材セット後はそのまま屋外バルコニーに置いて成長を一時止めることで、意図的に2年1化に引き延ばします。

次回、LUMBERJACKへ行ったら材を購入することにしましょう。

同居越冬

今日は週一の出社日でした。今週も退勤時は京王ライナーに乗車しました。京王初の有料座席指定列車で、全席指定関なので指定席券を買っておけば確実に着席できます。

 


11月後半ですが、小春日和が続き、今日にいたっては強い南風が吹いていました。明日は燃えるゴミ収集日です。越冬準備も兼ねて餌ゼリー交換、コクワガタ材飼育の際に余った材を活用するため、前日から再加水しました。

 


いざ容器にセットすると大きすぎたので半分に再度カットしました。クヌギマットで半分ぐらい埋め、オオクワガタのペアをセットしました。2頭とも福島産で5月に羽化した新成虫です。

一緒に越冬させたペアは生涯を通じて仲良く繁殖させることができるという情報をFacebookにて得たので、実践してみることにしました。

♂は71.6mmでF2、♀は7月の福島遠征時に宿で貰ったWF1です。F2の71.6mm♂は東北産らしいスリム体型なので、次期ブリードに使用することとし、異血統交配でCBF1を得られることになるとは思ってもいませんでした。

ブリードできるのは来春からなので、無事に越冬できるでしょうか。

オオクワガタ幼虫材投入

今日はテレワーク業務が終了した後、成虫の餌交換をしてから福島産の幼虫を2頭、新規に材投入しました。

 


材は昨夜よりバケツに入れて加水し、朝には取り出して陰干しで余分な水切りをしました。

 


ドリルで材に穴をあけて投入準備が済みました。反対側のビニールでの蓋はしてあります。

プリンカップの蓋が齧られているので、そちらを優先することにしました。もう2齢になっています。

 


穴の中に幼虫を投入しました。これから食痕等でふさぎます。

 


食痕で穴をふさぎました。糞中のバクテリアをスムーズに移行できる筈です。この後はビニールで蓋をしました。

 


2頭目も投入しました。こちらもプリンカップの蓋が齧られていました。

 


食痕で穴を塞ぎ、ビニールで蓋をしました。これで材投入した幼虫は4頭になりました。残るは1頭ですが、来週以降になる見通しです。本来なら屋外バルコニーに出したいですが、外敵対策を実施してからなので、11月中旬頃になりそうです。

時期的に2年1化となる公算が強いですが、じっくり育て、自然本来の体形をした成虫を作る。これが材飼育の醍醐味だと思っています。

カワラタケ材でも育ててみたいですが、高価なのと入手が難しいので、来年以降のお楽しみといったところでしょうか。

過去にカワラタケ材で育てた時は50mm台の中歯型で、シイタケ廃材では65mmというあべこべな?成果でした。

再来年(2022年)、どんな形で羽化するのでしょうか?

材セット

SW連休明けは雨でのスタートとなりました。台風接近のため、明日は午前中が雨のピークとなりますが、通勤・通学時間を直撃するため、テレワークでも業務に支障が出ないとは限りません。当面は基本テレワークで出社の目途が立っていませんので。

 


SW4連休最終日の昨日は、オオクワガタ幼虫で菌床飼育対象から漏れた個体のうち、2頭を材へ投入しました。

まずは前日から材を加水し、半日程度水切りをしました。

 


夕方にはいよいよ材飼育セットです。産卵材にドリルで幼虫が入る穴をあけておきました。

 


プリンカップから幼虫を取り出し、材へ入れました。1頭死亡していたので5頭になっていました。材飼育スタートです。

 


幼虫を投入したあと、食痕で穴を塞ぎ、ビニールで蓋をしました。

材飼育は幼虫期間が2年かかる割には、大型個体を作出しにくいです。しかし、材飼育で得られた個体は格好がいいとされ、最も自然に近い飼育方法です。

過去には65mmを作出したことがありますが、当時は山梨産だったので、福島産では初めてとなります。

旅たちの準備

SW4連休2日目となる今日はヤフオクにて出品していたオオクワガタが即決落札されました。餌交換時にノコギリクワガタが1頭死んでいたので、3頭分の在庫が減ったことになります。

 


ただ、出品時にタイトルでサイズを間違えてしまい、落札者に了承を撮りました。そのため、実際の発送準備はかなり遅くなり、テレ朝で21時から放送された日曜プライム劇場には間に合いました。

出品時のミスとはいえ、情けないものです。WF1自体貴重ですし。

オオクワガタで次期種親から漏れているのは、あと1ペアなので、近日中に出品する予定です。

今度はサイズを間違えないように気をつけないといけませんねぇ…。

行き先は福岡県です。出発は明朝でも、到着は23日になる見込みです。嫁ぎ先で新しい飼い主にかわいがってもラ合うことを願ってやみません。まるで娘を嫁による父親のような気分です。

産卵セット

今日は15時台に落雷で停電が2回あり、テレワーク業務が一時中断しました。明日から16日まで4日間夏休み後半です。

今年はコロナ禍のため、夏休み恒例の青森遠征は中止となりました。9月前半を想定している新潟遠征も不透明な状況です。

 


夏休み前半初日の8日、LUMBERJACKへレンタルBOX虫メンテに行ってきました。酷暑の予報が出たため、ミヤマクワガタを避暑させると同時にオオクワガタの産卵セットをしました。

お店に到着後、階下の店舗でプラケース中サイズと人工カワラ材を買い、2階に上がりました。

 


材の皮を剥ぎましたが、結構大変でした。途中、ダイソーでくぬぎ昆虫マットを買っておきました。

 


まずはマットを1袋分入れて材をセットしました。

 


マットで2/3程度埋め、餌ゼリーをセットして♀を放しました。血統管理のため、♀には名前をつけていますが、まだつけていませんでしたね…。

考案しなければなりませんが、立秋になってからのセットですし、確率を上げるためにカワラ材を使用しましたが、どれくらい産卵してくれるでしょうか。仮に産卵しても、割り出しは9月後半から10月初旬になりそうです。

桃子再セット

2013年10月分の画像アップロードおよび記事のインポートが完了し、移転作業は最終段階に入りました。アメブロからの記事移転は8月中に完了する見通しです。

 


先日、携帯に怪しげなメールが来ていました。時間からして、まだ寝ている時間でした。

メールレディといいますが、実際はサクラなのです。つまり、騙すのが仕事なので、違法行為に加担することになります。

かつての元相手もサクラだったので、おそらくこのような募集メールからバイト応募したのでしょうね。公開することで注意を呼び掛けるため、スクショ保存しました。このような上手い話には乗らないのが一番です。OLや主婦のバイトが多い話を聞きますが…。

 


昨日のLUMBERJACKレンタルBOX虫メンテ後、人工カワラ材を購入しました。キノコの菌を人工的に植えたものですが、実際は菌床に覆われていました。シイタケ栽培のようにキノコが生えているというものではありません。

 


ナタで被膜を剥がし、セットしました。

 


材をマットで半分埋め、ゼリーをセットしました。その後に桃子を放しました。昨季に野外採集したものなので、残り寿命は短い筈です。おそらく寿命的にも今秋までの可能性があります。

材がよくなかった可能性もあり、昨季は人工カワラ材に産卵したので、今度こそは産んでくれるでしょうか。

るい血統F2幼虫菌床投入

夏空が広がった8月初日、午後はLUMBERJACKへレンタルBOX虫メンテに行ってきました。

 


先週菌床詰めをし、再生したタイミングを見計らって幼虫を菌床投入しました。

幼虫を取り出すと…まだ小さいです。初齢ですし、割り出して数日ではあまり変わらないでしょう(^^;

 


菌糸瓶です。全部で11頭投入しました。るい血統F2幼虫は全部で18頭ですが、残った7頭は材飼育にする予定です。材投入は9月ごろを想定していますので、しばらくプリンカップで育てます。

F3まではなんとかいけそうですが、それ以降は新しい血が必要になります。材飼育が生育に2年かかったとして、性成熟して大人になるまで3年かかりますので、野生個体を採集するなら早くて2022~2023年。遅くて2024~2025年までにできないと血が濃くなりすぎて途絶える可能性があります。遅い方だと自分は50歳を迎えますが(^^;

昨季採集した桃子の方は2年目となる今季、産卵しなかったので、最後のチャンスとして人工カワラ材を買って帰りました。

野外採集ものなので、早くて今秋には寿命を迎える可能性があります。従ってあと1回が限界なので、明日にセットします。