ヒゲナガカミキリ

今日で10月は終わり、明日から11月です。コクワガタが10月10日前後まで活動すると分かった以上、来シーズン以降の夜間樹液採集は10月の3連休までに伸びそうです。

 


2013年9月に福島県で採集したヒゲナガカミキリの♂です。触角が体長の2倍以上はあります。

地元で触角が体長の2倍近くあるカミキリムシはキマダラカミキリやセンノキカミキリがいますが、体の大きさが違います。ゆえにこれほどインパクトのある種類はそうそういないでしょう。

青森等の東北遠征でカブトムシやクワガタのみならずカミキリムシ等も採集しているのは、先生達も捕ったことのない様な虫がいないかを調べるためです。

キタマイマイカブリやトウホクヒメハナカミキリもそうで、まだ採集はできていません。今のところはヒゲナガカミキリやトウホククロオサムシぐらいです。

しかし、キタマイマイカブリやトウホクヒメハナカミキリが捕れただけでは青森に呼べるでしょうか?次回以降は叩き網も用意しない限りは難しいでしょう。日中はカミキリ等の採集を中心としておくのも手です。合宿時と違い、自分1人の遠征ですから、自分で全てこなさないといけませんから。

 


私が標本作成時に実践している最新の方法ですが、タッパーと乾燥剤を使用しています。大型甲虫は発泡ボードに通常展足、小型甲虫はタトウ展足と大きさによって使い分けています。

乾燥期間は10日位で十分ですが、高校時代の部活では1~3か月ぐらいとまちまちだったので、期間が長ければ長いほどいいでしょう。大型種になる程、乾燥期間は長くなる傾向にあります。

先生達はもう60代ですし、いつまで合宿できるかも分かりません。車の長距離運転も難しくなる可能性も否定できません。青森ならなおさらで、新幹線とレンタカーもありえるでしょう。

転職活動と並行して、そろそろ考えないといけない時期にもきています。

日中採集-1

今日は日中、汗ばむ陽気でしたが、午後から雲が増え、夕方には曇となりました。夜には北からの風が強まり、体感温度も下がったので夜間樹液採集は見送りました。

ただし、今シーズンの終了宣言はまだです。夜の体感温度や気温等から総合的に判断します。結局は人間の判断ですから難しいのです。

 


※カブトムシ♂死骸

午後は宿周辺で日中採集をしました。カブトムシ♂の死骸を見つけ、撮影しました。頭だけ残っていることからカラスに食われたと推測できます。

灯火採集前、死骸が転がっていれば、ここには虫が集まると重要な手かがりになるのです。

 


※ゴマダラカミキリ

昨シーズンに調べそこなった場所で調査開始です。レンタサイクルでの散策コースにもなっているのですが、階段&スロープもあるので、自転車が通った形跡はありません。

早速ゴマダラカミキリを見つけ、撮影後は採集しました。これで青森で採集・観察したカミキリムシはセンノキ、ウスバ、ノコギリ、カタジロゴマフ、アカハナ、ヨツスジハナ、ゴマダラの7種類になりました。

もう9月なので種類が減っているからかも知れませんが、来シーズンはもっと採集できるでしょうか。

転職活動が長期化するならば、現在の会社が倒産する前にネットショップを開店し、軌道に乗せるのもありかと思います。

この後も虫を探して山道をひたすら歩きました。

銚子大滝&カタジロゴマフカミキリ交尾

今日から10月です。夕方から雨が降り出し、嵐のスタートになりました。

 


※銚子大滝

帰り道の途中で撮影した銚子大滝です。いつもはバス車窓からでしたが、今回はレンタサイクルだったので、ゆっくり撮影ができました。

 


※カタジロゴマフカミキリ交尾

12時15分ごろに焼山に戻ってきました。自転車を返却し、昼食の前に少し調べました。カタジロゴマフカミキリのペアが交尾していたので、撮影後に採集しました。

この後、昼食タイムにしました。

季節の移ろいは秋へ…

今夜も夜間樹液採集を決行しました。日中は30度超えても、夜はめっきり涼しくなってきました。

 


いつものルートで巡回しようとしたら、最初のポイントは先行採集者がいたので、撤収して別のポイントへ向かいました。

コクワガタの♂を発見しました。この時期のコクワは大型個体が多い様な気がします。45mmまで捕れていても、50mmオーバーは難しいです。

 


続いてアカアシオオアオカミキリを発見し、撮影しました。この後はもう先行採集者は帰っただろうと判断し、移動しました。

 


今年はモンスズメバチが夜でも煩いことが多いので、安全を確認してから探しました。カブトムシの♀を最初に発見し、続いて♂とコクワを同時に見つけて撮影しました。

この後はカナブンとコクワが一緒にいたので、撮影しました。小型♂でしたが、カナブン相手に喧嘩し、追い払いました。やはり、顎が武器となっているからなのでしょうか。

この後は別のポイントへ向かい、撮影はしましたが、できがよくなかったので消去しました。悪しからず。

夜、涼しくなり季節は確実に秋へ移ろいてきている模様です。

季節はまもなくコクワ天下へ…

今夜は出撃が1時間遅れましたが、明日は曇後雨の予報なので夜間樹液採集を決行しました。

 


まずはアカアシオオアオカミキリを発見し、撮影しました。触角の長さから♂の様です。

 


久しぶりに上の方を見上げると…いました、いました。カブトムシの♂です。撮影後、網を使って採集しました。中型ですが、もうカブトピークは終わって減ってきています。確認できただけでもよしとしましょう。

 


代わって主役になりつつコクワガタです。ペアで確認しましたが、これからの時期は増えてゆくことでしょう。

撮影した後、2箇所目へ移動しましたが、カブトムシはおらずコクワガタが少数のみでした。季節は確実に秋へ移ろいてきています。ノコギリクワガタ第二次ピークはいつになるでしょうか。

まさかの夏枯れ…?

今日は3日ぶりの夜間樹液採集でした。ここ数日猛暑続きで…

 


最初のポイントではまず、カブトムシの死骸を見つけました。8月に入り、少しずつカブトムシが貼り始めてきます。この頃になると、カラスに食われた死骸も目に付くことでしょう。

 


夜も暑いせいか、なかなかカブトムシを見かけません。スズメバチに注意しながら回り込み、樹上を見るとミヤマカミキリが交尾していました。

 


2箇所目のポイントではカブトムシを見かけました。同時にモンスズメバチが飛んできました。もし、木に近づいたら危なかったことでしょう。

スズメバチが煩いので、退散して3箇所目へ移動しましたが、こちらはカブト、クワガタはおらずさっぱりでした。

全体的に夏枯れの印象は否めないので、しばらく観察を見送ることにしましょう。

5日ぶりの夜間樹液採集

今日は昼過ぎからにわか雨が降りました。夕方には天気が回復し、気温が再び上がったので、5日ぶりに夜間樹液採集をしました。

 


最初のポイントではカブトムシの♂が地上に落ちていたので、すぐに撮影しました。他の♂と樹液を巡って喧嘩し、地上に落ちたのでしょうか。

 


一方では悠々と樹液を吸う♂を見つけました。いつスズメバチが横切るか分からないので、ズームで撮影しました。

 


ミヤマカミキリを発見し、撮影。コクワガタと鉢合わせしたかと思えば、追い払ってしまいました(^^;;

この後はポイントを移動しました。第2ポイントではスズメバチがうざく、撮影ができませんでした。

 


3箇所目のポイントではまず、コクワガタの♀を見つけました。特に珍しくはないので、撮影だけしました。

 


ミヤマカミキリを見つけ、こちらは蜘蛛を追い払っていました。

 


藪ごきしながら樹液ポイントに着くと、蛾とゴキブリしかいませんでした。先行採集者に根こそぎ捕られた可能性があります。

ひととおり撮影した後は、帰路につきました。

ミヤマカミキリ産卵セット

今日も猛暑日でした。2日連続で猛暑だとさすがに夏バテで夜間樹液採集に行く気力もありません…。

 


先日、ミヤマカミキリの産卵に挑戦してみようとセットしてみました。

カミキリムシの場合、クワガタに適しない生に近くあまり腐朽していない材でも産む様なので、100円ショップで材を買っておきました。

乾燥気味がよい様ですが、霧吹きで少し湿らせておきました。クワガタと違い、バケツで半日以上加水する必要はありません。

後は餌ゼリーと♀を入れてセット完了しました。産卵してくれるかどうかは分かりませんが、冬の材割採集でカミキリムシの幼虫が見つかった場合は菌糸瓶で育ててみるのもよさそうです。

種類がわかれば、その種類に合った飼育法が見つかるかも知れません。

2日ぶりの夜間樹液採集

今日は午前中、晴れ間がありましたが午後には雷雨となりにわか雨が降りました。大気の状態が不安定なことから夜はどうするか様子をみたところ、20時30分には決行しました。

出撃が30分遅かったため、最初のポイントに着いた時は先行採集者がいました。今年は夜もスズメバチがうるさいのに…。すぐに2箇所目へ移動しました。

 


まずはカブトムシの♀を見つけ、撮影しました。

 


ノコギリクワガタも見つけましたが、スズメバチが飛び回っていることが判明。素手では捕れないので、網を使って遠くから採集しました。

その後もスズメバチがうるさいので、撤退して最初のポイントに寄りました。

 


上の方ではミヤマカミキリが樹液を目指しているのを見つけて撮影しました。

 


木の根元ではヘビトンボが落ちてきたので、これは珍しいぞと撮影しました。正確にはヤマトクロスジヘビトンボですが。

 


ヘビトンボが落ちてきた側にはミヤマカミキリが幹に止っていたので撮影しました。

 


スズメバチがいないか確認し、照らしてみるとクワガタやカミキリが集まっています。片手に懐中電灯、片手にカメラを持ちながら撮影しました。

 


この後は3箇所目に移動しました。まずはカブトムシの♂を見つけて撮影しました。

 


そして最後のポイントではカブトムシの♀を見つけました。片やカブトムシが少なく、こちらは多い。エリアによって生息域が違うのでしょうか?

今年は造成工事が始まっているエリアがあるので一概にはいえませんが、確認できているクワガタも違います。学校が夏休みに入ったため、採集され始めているのでしょうか、推移を見守る必要がありそうです。

連休明けの夜は…

今日も日中は猛暑で、夜も熱帯夜でした。夜間樹液採集には出撃したものの、熱帯夜の影響か?ちょっと異常事態になっています。

 


今夜はやけにモンスズメバチがうるさいのです。順番待ちのノコギリクワガタを見つけましたが、スズメバチが近くにいるため、遠く離れてズームで撮るしかありませんでした。夜もモンスズメバチがうるさいのは、2012年以来3年ぶりです。

採集もできないので、一旦別のポイントへ向かうことにしました。

 


2箇所目のポイントではカブトムシに占拠されていました。ブリード個体が全て羽化しており、26日のイベントで参加者の子供たちに分け与える分は揃っていますので、捕っても意味はありません。撮影だけ済ませて次のポイントへ移動しました。

 


3箇所目のポイントへ行く途中、最初のポイントに立ち寄りました。スズメバチは静かになりましたが、それでも脅威は消えません。

安全を確認し、上部を撮影してから採集しました。苦戦しながらもなんとか採集し、♂のサイズは54mmで本来なら足切サイズですが、イベントで子供達にあげるためにキープしました。同時に♀も採集、ペアで確保できました。

 


3箇所目ではカブトムシのトリオがいました。しかも昨日見た羽化不全の♀もいましたよ…。前羽が完全に閉じていないので、すぐにわかります。自然下でも稀に羽化不全個体が出ることはあるそうです。

 


ブリードに挑戦してみようと、採集前に撮影したミヤマカミキリです。オオクワガタと同じく堅めの材なら産むか?まだ未知数なので、チャレンジし甲斐はありそうです。

 


最近新しく出始めた樹液です。泡を吹いているので、発酵している証拠です。

 


こちらは頭をつっこんで食事するカブトムシの♀です。ひととおり撮影と採集を済ませて帰宅しました。