今宵も…

いよいよ恒例の福島遠征が2日後に迫ってきました。新型コロナウイルス感染拡大の影響で今年は例年と違う夏になっていますが、オオクワガタは採集できるのでしょうか?天気は大丈夫なのか?時期柄、心配材料はつきないものです。

 


テレワーク終了後の夕方、カブトムシの羽化脱出が数匹確認されたので、掘り出したものを含めて親の採集地へ戻すため、20時過ぎに出撃しました。一刻も早く採集地へ戻さなければならず、いつもとは逆の順で行くことにしました。

ポイントに着くと、ノコギリクワガタが多くのアカアシオオアオカミキリに囲まれながら食事していました。

 


それにしても、アカアシオオアオカミキリの多いこと!!こんな光景は初めてです。2007年、先生に先を越されたものの、翌年から毎年見ていますが、これほど多く集まっているのは12年間見てきて初めてです。

 


ノコギリクワガタはまだ囲まれていながらも黙々と食事しています。

 


樹皮の隙間ではコクワガタが隠れていました。しかも♂は結構大型で45mmぐらいはあるのでしょう。

 


別の泉ではアカアシオオアオカミキリが2頭仲良く樹液を吸っていました。

ひととおり写真を撮り終えてカブトムシを戻し、別のポイントを見てからメインフィールド経由で帰ろうと思ったら…先行採集者がいるではありませんか。遠くから懐中電灯の明かりが見えたので、引き返しました。

今宵の成果

テレワークでの週明けは日中、晴れ間が出たので、夜間樹液採集に出撃しました。

 


山道でのポイントはさっぱり虫がおらず、樹液が出ていても蛾すら来ていない木もありました。かろうじてコクワガタを見つけ、撮影しました。光に驚いて逃げようとしたと思えば、自分の持ち場に戻ったりと奇妙な動きを見せていました。

 


山道を歩いて戻る途中、ノコギリクワガタらしき虫のパーツを見つけました。カラスか狸等に食われたのでしょう、ここに体のパーツがあるということは、すでに発生が始まっているということなのです。

しかし、7月も近いのにほとんど虫を見ていません。先行採集者がいたのでしょうか?見ていない気もしますが。

 


別の山道から麓に下り、都県境を越えて次のポイントに着きました。今度はアカアシオオアオカミキリを見つけ、撮影しました。カミキリムシは初夏の風物詩であるキマダラカミキリからアカアシオオアオカミキリへ主役が移り変わっているようです。

 


もう1本の木でもアカアシオオアオカミキリを見つけました。しかし、まだカブトムシは見かけていません。今年は発生が遅れているのか、東側での区画整理による環境の変化なのでしょうか。30年前の高校入学時より雑木林が少なくなっているのも事実です。

時刻は21時15分を回っているので、この後は家路につきました。

今季2頭目のノコギリクワガタ

今日もテレワークでトラブルなく仕事ができました。CPUをi7に変えてもメモリを増設してもPC動作が遅ければ原因はHDDにある訳で、チームリーダーに自宅PCの(ほぼ)完全復旧を報告したら、よかったですねと言ってくれました。

GW明けから1か月間は本当にトラブルとの闘いでした…。HDDからSSDへの交換手順は他の同僚にも共有したいですが、使用環境は千差万別でノートPCの場合は裏蓋を開けるため、メモリ増設等でその経験がなければ壊してしまう恐れがあるので難しいでしょう。

明日から梅雨入りで雨が数日降る予報なので、今夜も夜間樹液採集に行ってきました。

 


今夜もいつものルートで山道から見回りました。クワガタはまだ発生しておらず、蛾がいました。しかも木の皮とそっくりですねぇ…。保護色なのでよく注意しないと気付きにくいです。

 


昨日同様、キマダラカミキリがいたので撮影しました。樹液が出ているのに見向きもしないですね…(汗

 


山道を下り、都県境を越えたポイントではノコギリクワガタの♂がいました。原歯型ですが、今季2頭目の確認として撮影後に採集しました。あとはお嫁さんですね。

 


コクワガタの♂を発見、まるで入れ替わるような動きをしていたので面白いと思い、撮影しました。一方が食事を終わり、もう一方が食事に出てきたのでしょうか?

 


餌場ではケシキスイ等の雑虫が仲良く樹液を吸っていました。2014年頃から樹液が出始め、6年間も毎シーズン出し続けていることになります。まだ樹勢も若いので、フィールド再編後も期待できるポイントです(区画整理事業の状況により、撤退区域が出るため)。

 


最後のポイントではコクワガタを見つけました。もう長くないポイントでいつまで見られるのでしょうか。新しく出始める木がない限り、数年内には撤退することになります。

そうなればカブトムシを採集するポイントも変わってしまうでしょう。

撮影後は帰宅しましたが、にわか雨に降られました。大粒でしたが降った時間が短かったので、あまり濡れずに帰ってこれました。

今季初のノコギリクワガタ

PCのHDDをSSDに換装して初めてのテレワークで、トラブルもなく業務を遂行できました。HDDの寿命が近づいたこともあるからでしょうか(読み書きの頻度によるが、3~4年程度)。Windowsアップデートの失敗によるエラープログラムが数GB溜まっていたことも一因でしょう。

2020年夜間樹液採集シーズン開始2日目、今日もフィールド観察に行ってきました。

 


山道のポイントではまだクワガタが出ていませんが、新しく樹液を大量に出している木があり、ハサミムシが樹液をなめていました。

30年来の旧フィールドでもこれほど大量に樹液を出しているのは見たことがありません。しかし、肝心のクワガタはいません。発生が遅めで6月中旬後半以降なのでしょうか。昨年もほぼその頃でした。

 



初夏の風物詩であるキマダラカミキリがいました。このカミキリムシが出ていることは、クワガタの発生も近いということでしょうか。コクワガタよりスジクワガタが多い気もします。

山道を下りて自転車を走らすと、心なしか風が涼しく感じました。田んぼに水を張り、田植えも終わっているのですが、田んぼの面積が旧フィールドより広いので、これがスジクワガタが生息できる秘訣なのかもしれません。

 


都県境を越え、次のポイントに到着しました。都県境がすぐ傍なのと、市街地化調整区域で自然が保たれているため、フィールド再編後も観察を継続することになります(再編は2~3年後?)。

コクワガタとキマダラカミキリが同時にいたので撮影しました。

 


蛾とケシキスイが一緒に樹液を吸っていました。

 


別の木ではコクワガタの♂がなんの意味もなくいました。樹液がすぐそこにあるわけでもなく、羽化脱出して初めての餌場探しで迷ったのでしょうか。

 


コクワガタの♀が樹皮の隙間に隠れながら樹液を吸っていました。時々隠れたりして撮影が大変でした。

 


ひととおり撮影を終えてポイントを移動、今季初のノコギリクワガタを見つけました。

高校の時に見つけて来年で30年になりますが、樹勢が衰えてきているように見えますし、フィールド再編後は撤退の可能性が濃厚です。

あと2~3年は観察できても、それ以降は保証できません。ヒラタクワガタが見つかったりと思い出も多いですが。

 


樹皮の隙間にコクワガタを見つけ、撮影しました。昨秋の台風で1本が折れたため、餌場が減ったのは明らかです。このポイントでカブトムシやクワガタが観察できるのはもう長くないことでしょう。

 


今シーズン初確認の証として持ち帰りました。中歯型の標本は少ないので、秋になって死んだら標本にして残します。

週後半から梅雨入りなので、観察できるのは明日まで、それ以降は雨の降らない日を見計らっての観察になります。

今季はどのような虫相になるのでしょうか。

ヒゲナガカミキリ

今日で10月は終わり、明日から11月です。コクワガタが10月10日前後まで活動すると分かった以上、来シーズン以降の夜間樹液採集は10月の3連休までに伸びそうです。

 


2013年9月に福島県で採集したヒゲナガカミキリの♂です。触角が体長の2倍以上はあります。

地元で触角が体長の2倍近くあるカミキリムシはキマダラカミキリやセンノキカミキリがいますが、体の大きさが違います。ゆえにこれほどインパクトのある種類はそうそういないでしょう。

青森等の東北遠征でカブトムシやクワガタのみならずカミキリムシ等も採集しているのは、先生達も捕ったことのない様な虫がいないかを調べるためです。

キタマイマイカブリやトウホクヒメハナカミキリもそうで、まだ採集はできていません。今のところはヒゲナガカミキリやトウホククロオサムシぐらいです。

しかし、キタマイマイカブリやトウホクヒメハナカミキリが捕れただけでは青森に呼べるでしょうか?次回以降は叩き網も用意しない限りは難しいでしょう。日中はカミキリ等の採集を中心としておくのも手です。合宿時と違い、自分1人の遠征ですから、自分で全てこなさないといけませんから。

 


私が標本作成時に実践している最新の方法ですが、タッパーと乾燥剤を使用しています。大型甲虫は発泡ボードに通常展足、小型甲虫はタトウ展足と大きさによって使い分けています。

乾燥期間は10日位で十分ですが、高校時代の部活では1~3か月ぐらいとまちまちだったので、期間が長ければ長いほどいいでしょう。大型種になる程、乾燥期間は長くなる傾向にあります。

先生達はもう60代ですし、いつまで合宿できるかも分かりません。車の長距離運転も難しくなる可能性も否定できません。青森ならなおさらで、新幹線とレンタカーもありえるでしょう。

転職活動と並行して、そろそろ考えないといけない時期にもきています。

日中採集-1

今日は日中、汗ばむ陽気でしたが、午後から雲が増え、夕方には曇となりました。夜には北からの風が強まり、体感温度も下がったので夜間樹液採集は見送りました。

ただし、今シーズンの終了宣言はまだです。夜の体感温度や気温等から総合的に判断します。結局は人間の判断ですから難しいのです。

 


※カブトムシ♂死骸

午後は宿周辺で日中採集をしました。カブトムシ♂の死骸を見つけ、撮影しました。頭だけ残っていることからカラスに食われたと推測できます。

灯火採集前、死骸が転がっていれば、ここには虫が集まると重要な手かがりになるのです。

 


※ゴマダラカミキリ

昨シーズンに調べそこなった場所で調査開始です。レンタサイクルでの散策コースにもなっているのですが、階段&スロープもあるので、自転車が通った形跡はありません。

早速ゴマダラカミキリを見つけ、撮影後は採集しました。これで青森で採集・観察したカミキリムシはセンノキ、ウスバ、ノコギリ、カタジロゴマフ、アカハナ、ヨツスジハナ、ゴマダラの7種類になりました。

もう9月なので種類が減っているからかも知れませんが、来シーズンはもっと採集できるでしょうか。

転職活動が長期化するならば、現在の会社が倒産する前にネットショップを開店し、軌道に乗せるのもありかと思います。

この後も虫を探して山道をひたすら歩きました。

銚子大滝&カタジロゴマフカミキリ交尾

今日から10月です。夕方から雨が降り出し、嵐のスタートになりました。

 


※銚子大滝

帰り道の途中で撮影した銚子大滝です。いつもはバス車窓からでしたが、今回はレンタサイクルだったので、ゆっくり撮影ができました。

 


※カタジロゴマフカミキリ交尾

12時15分ごろに焼山に戻ってきました。自転車を返却し、昼食の前に少し調べました。カタジロゴマフカミキリのペアが交尾していたので、撮影後に採集しました。

この後、昼食タイムにしました。

季節の移ろいは秋へ…

今夜も夜間樹液採集を決行しました。日中は30度超えても、夜はめっきり涼しくなってきました。

 


いつものルートで巡回しようとしたら、最初のポイントは先行採集者がいたので、撤収して別のポイントへ向かいました。

コクワガタの♂を発見しました。この時期のコクワは大型個体が多い様な気がします。45mmまで捕れていても、50mmオーバーは難しいです。

 


続いてアカアシオオアオカミキリを発見し、撮影しました。この後はもう先行採集者は帰っただろうと判断し、移動しました。

 


今年はモンスズメバチが夜でも煩いことが多いので、安全を確認してから探しました。カブトムシの♀を最初に発見し、続いて♂とコクワを同時に見つけて撮影しました。

この後はカナブンとコクワが一緒にいたので、撮影しました。小型♂でしたが、カナブン相手に喧嘩し、追い払いました。やはり、顎が武器となっているからなのでしょうか。

この後は別のポイントへ向かい、撮影はしましたが、できがよくなかったので消去しました。悪しからず。

夜、涼しくなり季節は確実に秋へ移ろいてきている模様です。

季節はまもなくコクワ天下へ…

今夜は出撃が1時間遅れましたが、明日は曇後雨の予報なので夜間樹液採集を決行しました。

 


まずはアカアシオオアオカミキリを発見し、撮影しました。触角の長さから♂の様です。

 


久しぶりに上の方を見上げると…いました、いました。カブトムシの♂です。撮影後、網を使って採集しました。中型ですが、もうカブトピークは終わって減ってきています。確認できただけでもよしとしましょう。

 


代わって主役になりつつコクワガタです。ペアで確認しましたが、これからの時期は増えてゆくことでしょう。

撮影した後、2箇所目へ移動しましたが、カブトムシはおらずコクワガタが少数のみでした。季節は確実に秋へ移ろいてきています。ノコギリクワガタ第二次ピークはいつになるでしょうか。

まさかの夏枯れ…?

今日は3日ぶりの夜間樹液採集でした。ここ数日猛暑続きで…

 


最初のポイントではまず、カブトムシの死骸を見つけました。8月に入り、少しずつカブトムシが貼り始めてきます。この頃になると、カラスに食われた死骸も目に付くことでしょう。

 


夜も暑いせいか、なかなかカブトムシを見かけません。スズメバチに注意しながら回り込み、樹上を見るとミヤマカミキリが交尾していました。

 


2箇所目のポイントではカブトムシを見かけました。同時にモンスズメバチが飛んできました。もし、木に近づいたら危なかったことでしょう。

スズメバチが煩いので、退散して3箇所目へ移動しましたが、こちらはカブト、クワガタはおらずさっぱりでした。

全体的に夏枯れの印象は否めないので、しばらく観察を見送ることにしましょう。