ノコギリ・ミヤマ割出

今日はレンタルBOXの掃除と年末挨拶のため、午後にLUMBERJACKへ行って来ました。

 


まずは階下の店舗で菌糸ブロックを買い、瓶詰めしました。年明けに新たなオオクワガタ幼虫の菌糸ビン交換を行います。

 


続いては福島県産ミヤマクワガタの産卵セットをしました。産卵木から木屑が出ているので、幼虫がいそうです。

 


産卵木を崩したら幼虫が2頭見つかりました。孵化後に潜り込んだ模様です。

 


更に1頭見つけました。

 


割出結果は3頭でした。♀親が死んでから放置しすぎたようです。10月のうちに撮り出せれば、もう少し結果は違ったでしょうね。

まだ小さいので、寒さ経験させればエゾ型になる可能性があるので、持ち帰ることにしました。型は小さいうちに決まってしまうようです。

 


続いては青森県産ノコギリクワガタの割り出しです。産卵木は跡形もなくなっていました。

ケースをひっくり返すと幼虫が出てくるわ出てくるわ…でプリンカップへの移し替えが大変でした。

そのうちマットが足りなくなり、階下の店舗でクヌギマットを買い、混ぜて入れ直しました。

 


結果、22頭の幼虫が取れました。飼育しきれないので、半分ぐらいは委託販売に出すことになりそうです。年明け以降に一旦持ち帰って寒さ経験させて幼虫期間を2年1化に引っぱりますか1?

いくら何でも3年1化は長すぎましたね…。2年1化に引っぱっても栄養のある餌を与えられたかで変わるでしょうね。それでも70mmオーバー羽化は難しいので、まずは65mmオーバー羽化と段階的に目指すのが無難でしょう。

ノコギリ幼虫引っ越し

雲が多い週明けスタートでした。会社で使用するPCを入れ替え、通常業務と並行しながらその後の細かい設定をしましたが、同じWindows10でも若干違っていて思ったより手間取りました。

プライベートでのPCのWindowsが10になって3年半近く経ちますが、未だにここが分からないところありで、情けないとありやしないです。

 


一部クワガタの餌ゼリー交換後、ノコギリクワガタ幼虫を飼育容器へ引っ越しました。引っ越したのは、性別が判明した6頭で、♂は1200㏄タッパー、♀は800㏄ボトルへ移しました。

 


飼育ビンへ引っ越した幼虫です。お尻に卵巣マークがあるので、80%の確率で♀に間違いないです。♀でも卵巣マークが見えなかったり、♂でも卵巣マークとよく似た脂肪斑が出ることがあるので、100%とは言い切れないのです。

確実に見分けるのは腹の内側にあるスジで、ある方が♂、ない方が♀ですので、来春3齢に加齢したら、もう一度判別して交換となるでしょう。

残りの2頭はまだ初齢で、雌雄判別ができていないので、しばらくはプリンカップです。

新フィールド産ノコギリ割出

今日はノコギリクワガタ幼虫を割り出しました。割り出したのは新フィールド産で、都内産です。6月末に♀を灯火巡りで採集し、産卵させていました。

 


※写真は再掲です。

6月末の灯火採集時、時期柄発生ピークでしたが、今年は梅雨初期の雨不足で発生が遅れていたので、先に採集していた同産地の♂と同居のうえで追いがけしていました。

 


産卵セットです。セットから数か月経過しているので、どうなっているかはわかりません。

 


ケースをひっくり返すと、早速幼虫が出てきました。

 


ケース中に残ったマットの中にも数匹幼虫が出てきました。産卵木はすっかりなくなっていました。

 


大きくなった幼虫は800㏄ボトルへ、他は120㏄プリンカップへ移しました。ボトルが足りないので、買い足さなければいけません。

一昨日(12月1日)に見つかったものを含めて合計で11頭の幼虫が得られました。このうち性別が分かったのは3♂6♀で、残りの2頭は初齢のため性別不明です。

大型♂を羽化させるなら春に♂幼虫は1400㏄へ移し、2年1化になるのを承知で育たないと無理でしょうね。

2年1化幼虫餌交換

今日は年末並みの寒い1日でした。

昨日のオオクワガタ♀仕分け前にノコギリクワガタの2年1化幼虫の餌を交換しました。

 


餌マットはフォーテック社製の「ヒラタ・ノコ一番」です。前の日(日曜日)のうちに買っておきました。

 


今回、試してみたのが材をマットに埋めこんで同時に餌とする方法です。材飼育に近くもないですが、自然状態では土に埋もれた朽ち木を食べています。

材は水切りせず、そのままセットしました。マットが余分な水分を吸収してくれる筈です。

 


成虫の産卵セット同様、材を全て埋めました。欠点はマットを突き固められないことです。

 


古いマットを少し敷き詰め、幼虫を投入しました。しばらくして潜っていきましたが、吉と出るか、凶となるかです。

果たして材に食い込んでくれるでしょうか。結果は来春になりそうです。もし成功したら、これを応用することになるでしょう。

オオクワガタの場合、材飼育時は材に穴をあけて幼虫を入れればいいのですが。。。

ノコギリクワガタ割出・2

昨日(11月20日)のノコギリクワガタ確認では、旧フィールド産も割り出していました。旧フィールド産で残った幼虫は3頭でした。

結果は…?

 


無事羽化したのは♂1頭だけで、残りの2頭は蛹化中に死んでいたことが判明しました。来年♀を野外採集しない限りはブリードできません。

 


マットと水苔を入れたケースで休眠させることにしました。カブトムシより産卵数が少なく、生育に時間がかかるため、イベントで子供たちにプレゼントできないのが現状です。

羽化しても休眠のため、すぐには活動しないからです。1年1化で羽化しても、休眠期間のプラスにより、活動まで実質2年かかることになります。2年1化だと、3年です。

2年も幼虫を育てる根気がなければ、累代飼育は難しいといっても過言はないでしょうね。オオクワガタの場合、成虫で複数年生きるため、10年(!)近く飼育を楽しめる可能性があることも忘れてはなりませんけどね~。

2年1化

今日は冬型気圧配置で寒い1日でした。しかし、まだ11月下旬なので、夜でも室温は20度前後で暖房いらずでした。

 


新フィールド産のノコギリクワガタでまだ1頭割り出していないので、マットを掘ったところ…なんと!まだ幼虫のままでした。

これにて2年1化および♂と確定しました。栄養状態によって、幼虫期間が1~5年と幅広く変わるので、クワガタは長生きするんですよね。カブトムシが1年で世代交代するのとは大違いです。

早くて1年、長いものだと4~5年かかるといわれています。昔はミヤマクワガタが羽化まで4年(!)はかかると言われていたのも納得がいきます。もし、実際に羽化まで4年かかったとしたら、休眠期間をプラスして5年ということになります。

 


新しいマットと1400㏄ボトルを用意しなければならないので、マットと共に幼虫を戻しました。2年1化になったのですから、大きな成虫の育てるには新しい餌に交換する必要があります。交換は早くて週末になるでしょう。それまでの辛抱です。

青森産で羽化まで3年かかったのはずぼらが原因なんですが…(^^ゞ

ノコギリクワガタ割出・1

今日は新フィールド産のノコギリクワガタを割り出しました。今季からメインフィールドが変わりましたが、採集できたノコギリクワガタは1♂だけでした。よって、昨夏にペアで採集し、産卵させたもので、すでに羽化しているようでした。

 


蛹室は瓶底あたりなので、マットを掘り進むと、やっと新成虫が出てきました。なかなか立派ではありませんか!!仰向けになって寝ていました。

 


取り出した♂です。湾曲具合から、大歯型ですが、概ね55mmぐらいでした。

 


その後も取り出すも、♂ばかりでした。スイギュウで立派ですけどね…。

 


何頭か掘り進むと、やっと♀が出てきました。これで来年の種親には困らなくなりました。

 


来年の種親として♂を選び、仕切り付きケースへ入れました。その後に水苔を敷き詰めました。これでやっと1ペアができたことになります。

 


2頭目の♀を発見しました。測定したら30mm丁度でした。

 


やっと2ペア目ができました。全部で5♂2♀だったので、ペアを組めない単独♂は来春、シーズンが始まったら採集地へ戻すことになるでしょう。

新フィールド産は初めてのブリードで無事成虫になってくれたので、成功といっていいでしょう。旧フィールド産は当面、引き続きブリードはしますが、コクワガタ同様に観察だけとなるのでしょうか。

もうコクワガタは東北遠征時に採集するだけとなったので、ノコギリクワガタも新フィールド産と東北産だけの採集・飼育となる可能性はありえるでしょう。

生体写真撮影、しかし…

明日は社員旅行です。今の会社に転職して初めてで、行先は…お台場です。他にも海外や沖縄コースがありますが、自分は飛行機恐怖症なので結局は東京しか選択肢がなかったです。

飛行機に乗れないので、北海道や九州はどんなに時間がかかっても鉄道利用なのです。実際、過去には新幹線と夜行特急乗り継ぎで鹿児島まで11~12時間かけたことがありました。東京から鹿児島まで電車で行く人はあまりいないでしょう。

 


ヤフオクへ生体出品する前に久しぶりに撮影しました。まずは腕馴らしとして青森産ノコギリクワガタの♂を撮りました。

う~ん、スポットライトを点け忘れたので、あまりよくないですね。。。ただし、こちらは出品しません。

 


出品するのは、オオクワガタの方です。♂66.1mmと♀44.6mmの福島産WF1ペアです。ちょっと写りが良くないので、また明日取り直しです。商品写真は意外と難しいですね。

美形を作るための個体は選定済なので、次代に使うもの以外は全て売る方針ですから。1円でも高く売れますように!!

ノコギリクワガタ越冬準備

今日はfacebookでの友達で元グラビアアイドルで現在は料理研究家の人によると、独身の日だそうです。多分、生涯独身の可能性は高いですが(笑)。

LINEで仲良くなると、携帯が使えなくなる要因による理由をつけて、怪しいサイトへ誘導する業者がはびこっている昨今ですから、ますます縁遠くなりそうです。会社の職場で女性30人弱に囲まれて仕事している方がまだいいです。一線は越えないですし。

facebookの友達には元グラビアアイドルだったり、漫画家や政治家(!)などもいますしね(;´▽`A“

 


昨日(11月10日)の越冬準備ではノコギリクワガタにも実施しています。ノコギリクワガタは野外活動したものは越冬できず、その年の晩秋までに死んでしまいます。

実は、地下で秋に新しい成虫が羽化し、そのまま蛹室内で越冬しているのです。成虫で1年以上は生きていることになります。初夏から夏にかけて野外で活動しているものは、すでに9~10か月近く生きていて、余命いくばくもないのです。

まずは飼育ケースの底から4割ぐらいマットを敷き詰めました。

 


水苔と新成虫を移し替えました。これでお分かりだと思いますが、今夏に羽化した新成虫なのです。1年近い寿命があります。

長い休眠期間は一見、無駄があるように見えますが、ライバルであるカブトムシと発生ピークをずらすのに役立っています。実際、カブトムシの発生ピークが7月下旬~8月上旬頃に対し、ノコギリクワガタは6月下旬から7月中旬、8月中旬以降となっています。

餌ゼリーは入れていませんが、ノコギリクワガタやミヤマクワガタの場合、休眠期間中は全く餌を食べません。羽化後2~3か月で後食を始めるオオクワガタ等とは違います。

こちらは発泡スチロールの箱で越冬となるでしょうね。

全クワガタ整理完了

今日は夕方、大気の状態が不安定となり、雷雨に見舞われました。

夕食後、若菜台へ行って餌ゼリーや材等を買ってきました。

 


会社帰り、トランクルームへ寄ってコバエシャッタータイニーを取ってきたので、青森遠征で採集したクワガタを全て整理しました。

コクワガタの♀は体長を測ったら27.8mmでした。採集した時は大きく見えたのですが、目の錯覚なんでしょうか。産卵セットは3連休に実施します。月後半から涼しくなるそうなので。

コクワガタは東北遠征時、オオクワガタが来るかどうか鍵を握っている重要な虫ですから、これは大切にブリードしないとですね。

青森産でも50mmオーバーを作るのは不可能ではない筈です。